ホーム 2009年3月 4月 5月 6月 7月 8月

         9月 10月 11月

 

HOMEに戻る > 2009年6月

変わらぬ死亡率 (写真:2009年6月1日)

久しぶりの更新ですが、 相変わらず稚魚は死んでいきます・・・。 何が原因か本当に分からず、お手上げです(××;) とりあえず実行したことは、 今までミナミヌマエビを5匹入れていたのですが、 3匹撤去しました。

前回の投稿で親金魚が再び卵を産んだと書きました。 そして親水槽で稚魚は孵ったのですが、 稚魚水槽に移し次の日水槽をのぞいてみると消えていました!(汗) 小さいのでエビか稚魚に食べられたのかも・・・。 ごめんなさい。

今回の写真は、エサをあげた時のものです。 水面に浮かぶタイプのエサなので、水面でパクパクしながら食べています。 金魚の体格にはだいぶ差が出てきました。 大きい子はたぶん死なないと思うのですが、まだ安心できません。

現在の稚魚の数:23匹

謎の水草 (写真:2009年6月6日)

今日仕事から帰ってきて稚魚水槽を見てみると・・・ なんと謎の水草が芽を出していました!! 見た目はカイワレ大根のような感じです。 大きさは1センチぐらいかな? 水槽の中にはアマゾンフロッグピット、ウィローモス、 マツモ、アナカリスの4種類の水草しか入っておらず、 これらの水草が増殖したとは考え難いです。

先週水槽の掃除をした時には砂利を洗ったので、 それ以降に生えてきたと推測できます。 いったい稚魚水槽に何が起こっているのでしょうか@@; ただの雑草かな? 玄関に水槽を置いているので、 雑草の種が飛んでくる可能性はなきにしもあらず。

奇妙なことが起こるものですね。 エビに食べられたら終わりですが、 それまではこちらの水草の生長も見守って行きたいと思います。

そろそろ (写真:2009年6月14日)

もうすぐ稚魚が産まれて3ヶ月が経とうとしています。 まだ全然赤くないですが、金魚の成長ってこんなものなんでしょうか? 1年ぐらいで立派な金魚になると思っているのですが、 この調子じゃ1年以上かかりそう^^;

今回の写真、手前の稚魚と奥の稚魚との距離感はあるものの、 体格が倍ほど違います。 みんな同じ日に生まれたはずなのに、 何にでも個体差ってあるんだなと改めて感じました。

謎の水草はというと底砂からは抜けてしまって、 ただいまマツモに絡まって生息しています(笑) でも見た感じは成長しているようには見えません。 やっぱりただの雑草のような気がしてきた今日この頃・・・^^;

現在の稚魚の数:20匹

色が変わってきた!? (写真:2009年6月20日)

稚魚水槽にいる1匹が、他の稚魚に比べると明らかに濃くなっています。 これは赤くなる兆候なのでしょうか? 緑っぽい色から黒っぽい色に変わるんですね〜。 次は何色になるのかな??? 金魚って結構楽しませてくれるお魚なんですね♪ 変化のあるほうが、楽しさ倍増です!

今回あまり嬉しくないお知らせがあります。 何かというと、それは稚魚の数が肉眼で数えられるようになったことです。 いつもは水槽の掃除をする時に網で稚魚をすくって、 一匹一匹数えていたのですが、20匹をきった今 その必要はなくなりました・・・。 泳いでいる稚魚を目で追うと、 自然と数えることができるようになってしまいました。

そしてまたまた悲しいお知らせ。 それは稚魚水槽にいた2匹のミナミヌマエビさんの1匹、 2匹いた石巻貝くんの1匹が数日前にお亡くなりになりました・・・。 理由はわかりません。 現在どちらも1匹のみで水槽内の清掃活動に励んでおります。

1、2週間に1回程度水槽の掃除をするので、 コケ取り部隊は必要ないのかも!? とりあえず、各1匹ずつで今後の活動を見守りたいと思います。

悲しいお知らせの後は、嬉しいお知らせです! それは、親水槽にいるミナミヌマエビが抱卵しました! 感激です><bママエビが卵を抱えています。 実は最近親水槽で1センチ程度のエビを良く見かけていたのです。 エビを購入した時に、小さいエビもまざっていたのかな? 程度に思っていたのですが、実は産まれていたんですね〜!

なんでもエビ卵の孵る日数が簡単に計算できるそうです! こんな計算方法があるなんて知りませんでした。 計算式は「水温×日数=620になった頃」だそうです! なぜ620という数字なのかは分かりません^^; 今の季節だと、水温が25度なので約25日で卵が孵ります。

春から夏にかけては生き物の産卵期なのですね〜。 親金魚も初めての産卵から現在まで何度も卵を産んでいます・・・。 そんなに産んでも飼育できませ〜ん><;

現在の稚魚の数:18匹

なんと里子は! (写真:2009年6月28日)

先週里子に出した稚魚を見に行く機会がありまして、 そのおうちへお邪魔させてもらった時のことです。 なんと1匹は親金魚のように赤いではありませんか!! 同じ日に生まれたはずなのに、環境によってこんなにも違うとは・・・。 なんだかショックでした><;

しかも里子に出した10匹全てが生きていたのです!! その人によると、たいしたお世話はしていなくて、 家を数日空けることもあるんだとか・・・。 あまり手を掛けない方が育つのでしょうか。

さてさて、うちの金魚はというと・・・。 ミナミヌマエビ用に週に何度かザリガニのエサをあげているんですが、 そのおこぼれを稚魚たちがせっせとつついて食べています^^; この姿を見ていると、毎日あげているエサの量が足りないのかな? と思ってしまいます。

現在の稚魚の数:18匹

イエローミナミ (写真:2009年6月29日)

水槽をのぞいてみると、以前緑色だったミナミヌマエビが 黄色ではありませんか!なんとも綺麗ですね。 でもこれってストレスで色が変わったとも考えられます(汗)

親水槽の方にはブルーやレッドのミナミヌマエビがいるので、 3匹そろえば信号ですね(笑) エビは色んなカラーがあるので、 脇役ではありますが結構楽しめます♪

そうそう。最近親水槽で5ミリぐらいの小さなエビが、 ツマツマしている姿を見かけます! 抱卵エビが卵を孵したのかな!?