ホーム 2009年3月 4月 5月 6月 7月 8月

         9月 10月 11月

 

HOMEに戻る > 2009年5月

赤くなるのはいつ!? (写真:2009年5月4日)

毎日水槽を眺めているせいか、 大きくなっているのかがわかりません^^; エサは毎日朝晩と与えているのですが、 これぐらい食べるかな?とい感じであげているので、 実際はエサ不足なのかもしれません。 稚魚誕生は初めてなので、何もかも手探り状態です・・・(汗)

ここ数日、稚魚がバタバタと死んでいきます・・・。 1週間に2、3匹というペース。 今現在も下のほうでじっとして動かない子がいます。 エサも食べてないようなのでまた死んじゃうかも><;

思い当たる点は、水槽の掃除&水換え。 水質の変化にびっくりして体調を崩しているのかな。 一応カルキ抜きをした水を入れていますが、 その水が合っていない可能性が高いかも? 親水槽の水を直接入れたほうがいいのかな。 考え中です。

そして、石巻貝の産卵がだいぶ収まりました。 一時はどうなるかと思いましたよ^^; ガラスに付いた卵はがんばってこすりおとしました。 流木に付いた卵は取れないのでそのまま放置しておきます。 また石巻貝自身に生みつけられている卵も放置です(笑) ところで石巻貝ってどうやって卵を産むのでしょう!? どこから卵が出てくるのかわかりません@@;

そうそう、稚魚のエサにまたアルテミアを復活させました。 やはり小さい子もいるのでテトラフィンベビーだけでは可哀想かな? と思い両方をあげています。 栄養があるみたいなので、しっかり食べてくれるといいですね。 残ってももったいないので、使い切ってしまおうかと思います^^;

金魚の稚魚は何ヶ月ぐらいで赤くなるのでしょうか♪ 早く赤くなっていく金魚が見たいです^^b

現在の稚魚の数:50匹

稚魚の数が・・・! (写真:2009年5月6日)

本日の稚魚写真、なんだか赤くありませんか!? エサを食べた直後だということもあるかもしれませんが、 前回の写真と比べると赤いですよね♪ この調子でみんな大きくなるのだ^^b

今日の水換えはカルキ抜きをした水道水ではなく、 親水槽と稚魚水槽の水を半分ずつ入れました。 これで何かが変わるといいんだけど・・・。

5月に入りそろそろ暖かくなってきたので、 稚魚水槽のヒーターを取りました。 水温は20度ぐらいです。 もうすぐ梅雨に入るので、 急激に水温が下がるようならば再びヒーターを入れようと思います^^; たぶん大丈夫かな。

そしてそして、稚魚の数がとうとう50匹をきりました!!! みんな頑張れ〜><;

現在の稚魚の数:47匹

ライト設置!!(写真:2009年5月8日)

水草の生育にはやはり光がないとダメなようで、 とうとう付けちゃいました!

 コトブキ アーム式ミニライト フォリア(保証印)

  

すごく良いです!(><)b  とても明るくなって、写真写りもバッチリ♪ これから毎日数時間だけ決まった時間に点灯しようと思います。

でも明るすぎてミナミヌマエビさんたちが、 流木の陰に隠れてしまいました^^; 隠れ家になる物を入れようか考え中です。

里子A(2009年5月9日)

本日、稚魚8匹が里子に出ました(><)b

みんな元気でね〜!!

水草に稚魚が挟まる (写真:2009年5月10日)

稚魚水槽にはアマゾンフロッグピットという 浮き草を入れています。 この水草は何枚もの葉が重なっているのですが、 ごくまれにその隙間に稚魚が挟まって、 身動きが取れなくなっていることがあります(汗)

気づいたら救出しているのですが、 私が家にいない時に挟まれていたら助けられません。 稚魚が大きくなるまでは目が離せないですね^^;

現在の稚魚の数:37匹

フィルターを入れてみました (写真:2009年5月14日)

ここ数日、毎週数匹というペースで稚魚が死んでいっていました。 原因は何なのか? 色々考えましたが、やはり水質の変化が一番の要因ではないかと思いました。 目には見えませんが、40匹近くもいると排泄物などで確実に汚れているはずです。 そしてその空間にろ過装置が一切無いというのは、 少なからず稚魚たちに影響があるということが今更ながら分かりました。 ろ過装置を入れてからどのような変化があるか、 今後に期待したいと思います。

 水作 水作エイト K-S 30〜40cm以下水槽用(25L以下)

  

ろ過装置無しで気づいたこと。 それは水槽のガラス面が曇っちゃいます><; 掃除の時に磨けばいいだけの話なんですが、 以前から気になっていた商品を購入してみました^^;

 GEXマグネットクリーナーフロートSS

  

これ、ちょっと面白いです!(笑) 強力な磁石でピタッと引っ付きます。 水中で外れても、水面にプカプカ浮くので心配なし! 手を濡らさずに水槽の掃除が出来るなんて、 とっても便利ですね♪

稚魚動画 (写真:2009年5月16日)

投げ込み式のろ過装置を入れてから、 なんだか水槽の中が綺麗です。 いつもはエサの食べ残しやフンが舞っていたのですが、 それらがほとんどありません。 やはり早めに入れるべきでしたね・・・^^; 最初ろ過装置に稚魚が吸い込まれてしまうかと心配していたのですが、 吸い込み口の隙間より稚魚が大きかったので、 吸い込まれることはなさそうです。

来週辺りに稚魚の数が減っていなければ、 ろ過装置を入れて正解だったということになります。 稚魚が孵った時は70匹近くいたので 少なからず選別のことを考えていたのですが、 結果論ではありますが初めての産卵経験者は そんなことは考える必要はありませんね。 とりあえず一匹でも多くの稚魚を 大きく育てることだけを考えていればいいと思いました。

そして、今回初の試みをしてみました! 何かと言いますと・・・それは動画です!! 前からやってみたいなとは思っていたのですが、 中々実行できずにいました^^; 写真もいいですが、動いているとまた違った面が見えるかな?と思います。 ⇒動画を見る

現在の稚魚の数:32匹

生と死 (写真:2009年5月19日)

本日家に帰って親水槽を覗いてみると・・・ なんとまた卵を産んでいました!!! 今は産卵期真っ只中なのでしょうか!?

追星も消えかけていたので、また来年かな〜と 軽い気持ちでいた所にこれです^^;

前の時と比べれば卵の数は少ないですが、 ちゃんと受精した卵がいくつかあるみたいです。 このままだと親金魚が食べてしまうので、 以前のように隔離ネットに移します。

卵が生まれることは嬉しいのですが、 現在の稚魚水槽に移して同居という感じでも良いのかどうか・・・。 かといって新しい水槽を買うことは予算的にも無理です><;

稚魚水槽にフィルターを入れてしまったので、 このままだと確実に稚魚が吸い込まれます。 何か対策をしなければ・・・。

とりあえず卵が孵るまでは親水槽の方にいてもらおうと思います。

卵が産まれて浮かれていたら、なんと稚魚水槽では 弱った稚魚をエビが食べていました・・・。 これも食物連鎖と思えばいいのですが・・・。 稚魚が死ぬということは、水質がまだ安定していないということでしょうか。 もうどうしたらよいのか分かりません(汗)