援デリ

 

出会い系で援交をする オイラ、二十代の時にバックパックでアジア方面を数年かけて回ってたことがあったのよ。 その時に、割とお世話になったのが売春婦のみなさんで。 今で言う援デリみたいなやつだよね。金のために体を売ってる女たちだよ。 新しい場所に移ると、とにかく売春してる子を探したよね。言葉を覚えるためもあるけど、とにかくその地域の情報を集めるの。 あの子たちって、社会に属してるようで属してないから外国人に対してもフレンドリーなんだよね。 その地域のことを外からも中からも見てる人ってイメージ。 奴隷みたいなもんだよな。社会に属しているようで属してない。 今の日本って援デリの子たちがまさにそれ。 社会に属しているようでいて、実は属してないの。 金のために、生活するために、ちょっと外れたところで生きてるって人たちね。 日本に戻って、色んなところで仕事して、今は一人親方って感じでぼちぼちやってるけど、援デリも利用するよ。 なんとなく昔のバックパックしてた頃のこと思いだすんだよね。 エアコンもない蒸し暑い狭い室内のことや、体臭と安い香水の混ざったような臭い。 騒がしくもあり、静かでもあり、その時一瞬だけ時間が止まってるみたいな感じな。 時代は変わったけど、この世界は変わらんね。 それを確認して安心しちゃってたりしてな。 援デリの女ってどこか野生的なんだよな。 セックスが野生的とか野獣的とかそういうんじゃなくて雰囲気そのものがどこか孤独で寂しくて、だけど人に寄り添わない。 そういう女の雰囲気、オイラ、割と好きよ。 裏垢女子 テレフォンセックス

 

 

 

2style.net