相互フォロー

エロチャット 僕は一時期、SNSである地方の相互フォロー専用アカウントを運営していました。出会うだけならば、それこそ南極基地の隊員でもサウジアラビアの大富豪でも出会える可能性があるのがSNSですが、オフパコを考えるとやはり生活圏域の問題は重要になります。だから、その地区限定で出会いたいアピールしている男女を検索しまくってガシガシ相互フォローしていました。そして、気づくと僕のアカウントがオフパコ掲示板みたいになっていました。 もちろん、僕自身がオフパコしたい人間なんです。だから専用アカウントを作っていたのですが、僕自身は全然でした。最初の頃はオフパコ目的で声をかけまくっていましたが、全然成果がなかったのです。それがいつの頃からか目的が変わっていきました。何と言うか使命感みたいなのが出てきたのですよ。 と言うのも、僕のアカウントを通じて実際に出会った事例を報告してくれるフォロワーがポチポチ現れたのです。中には、正式なお付き合いに至った二人もいました。そんな事例が現れてからは、僕のアカウントを相互フォローすれば、この地区で出会えることができると言う口コミも広がったようで一気にフォロワーが増えました。 やがて、僕にはこの地区の出会いを一手に担っていると言う自負が芽生えてきました。僕が縁結びの神様みたいな存在になったのですよね。そして、僕自身も何時しか本来のオフパコ目的を忘れて、いい出会いが達成できるような仲を取り持つ側に回っていきました。何だか、自分でオフパコするよりも他人をオフパコさせる方に快感を覚えるようになったのですよね。 来週は結婚式に呼ばれています。僕のアカウントを通じて知り合った方々が結婚することになり、僕も声をかけてもらったのです。顔も知らないしDMだけの付き合いなのに光栄なことですし運営していた甲斐がありますよ。もっとも、僕自身がオフパコできていないという問題がありますが、そんな出会いができて満たされているのですから、結果的に良かったと思っています。 ホ別 JKとの援交

 

 

 

 

2style.net