パトロンとは

 

食事するだけで3万円もお金を貰える関係から月25万に ケイちゃんは、その界隈ではちょっと有名なコスプレイヤーだった。今でも、そのハンドルをググれば結構なコスプレ画像がヒットする。美人ではないが、かわいい方だとは思う。 そんなケイちゃんを人気コスプレイヤーに押し上げたのは、ある人気アニメのコスプレだった。これが見事にキャラと世界観にマッチしていて「2.5次元の奇跡」なんて言われたりしていた。当時の僕もたまたま、そのアニメを見ていて、初めてケイちゃんのコスプレを見た時は、これはアニメのイメージそのままだな、と思った。 そんなケイちゃんは援助交際していた。ファンの方々には信じたくない情報だと思うが、これは事実だ。 コスプレはお金がかかる。人気に火が点いたケイちゃんは、自分のコスプレへの評価に喜びとともに責任感が生まれた。ファンの方々をコスプレで必ず満足させたいと思うようになり、同時にコスプレにかけるお金と時間の不足を自覚した。結局、ケイちゃんは仕事を辞めてコスプレで生きることを選んだ。コスプレでお金を稼ぐ道を選んだのだ。 そのためにコスプレでお金を稼げることは何でもした。活動の末期にエロ方面のコスプレが増えたのも活動維持費の問題だ。だが、もともと美人ではなくかわいい系だったケイちゃんにとって、エロコスは両刃の剣だった。一定のお金は稼げたようだが、次第にその似合わないコスプレにファンは離れていく結果となった。 こうして、食い詰め始めたケイちゃんは、コアなファンを相手に援助交際を始めた。そのファンの1人が僕だったのである。ケイちゃんからSNSで声をかけられて、僕は彼女と寝た。 今、ケイちゃんは名前を変えて再びコスプレの世界に戻っている。似合わないエロコスではなくて彼女のイメージに合ったかわいい系のコスであり、またファンは増えているようだ。 ケイちゃんの再起を促したのは僕だ。僕が彼女の活動継続のためのパトロンになったのである。パトロンとは好きな女の子の夢を援助すること。僕はケイちゃんに援助交際なんてしてほしくなかったのだ。 今、僕の目の前には僕がファンだった頃のケイちゃんがいる。コスを脱げばその中身は僕だけのものだ。パトロンとは夢を援助しつつ、女の子の人生を独占させてもらうことなのである。 援助掲示板 サポ掲示板

 

 

 

2style.net