即ハボ

JKのエロ垢 エロチャットの掲示板にこんなことが書かれてた。 『即ハボだと思ったら、教えてほしいな』 即ハボかどうかはともかく中々可愛い感じの写真ではあったので、俺はコメントを出すことにした。 ほどなくして動画で彼女が映し出された。 「ねぇ、即ハボだと思ったからコメントくれたんだよね? じゃあ、ちゃんと責任とってよね」 彼女はにっこり笑ってそう言った。 俺としてはそこそこ可愛い子とやれたらそれで良かったし、彼女の提案を受け入れた。 とは言ってもエロチャットなので直接はめるわけにはいかないが、とりあえずオナニーをさせてみることにした。 彼女は一枚一枚服を脱ぎ、豊満なおっぱいを曝け出す。 ピンクの乳輪が俺の方に主張していて、思いっきり揉みたい衝動にかられた。 とりあえず、自分の指でいじらせると、乳首をピンッと立てて、さらに自己主張してきた。 俺は彼女に「そこばっかり触ってたらダメだろ? ちゃんと全部見せてみろよ」と言うと、彼女は息を荒くしながらパンツを脱いで、カメラに向かって足を開く。 マンコから汁がたれているのが見えて、俺は生唾を呑み込む。 彼女はクリトリスを指で刺激しながらあえぎ続ける。 俺はエロチャットのプレゼント機能で彼女に極太のバイブを渡した。 彼女は少し怖がっていたが、すぐにバイブをマンコにくわえながら、自分の乳首を刺激し、何度もビクンビクンと身体を震わせた。 「ねぇ、バイブだけじゃ足りないのぉー」 彼女は涙を浮かべながら俺に懇願するので、俺は「仕方ないなぁー」と呆れたように言って、彼女と外で待ち合わせることにした。 彼女は「待ち合わせ場所に着くまで、マンコにローター入れていくね」何て言い出した。 彼女の容姿も最初はそんなにだと思っていたが、そこまで従順に求められると、確かに即ハボだなと思える。 とりあえず、即ハボの言葉通り彼女にあったらはめまくってやろうと思いながら、俺は急いで待ち合わせ場所に行くことにした。 ツイッターでオフパコ オフパコの意味

 

 

 

 

2style.net