難易度の高い気象予報士試験に合格するために

気象予報士とは、国家資格であり、財団法人気象業務支援センターが行う、試験に合格し、気象庁長官の登録許可を受けたものに与えられる資格です。

気象予報士は、試験の難易度が高いといった話も聞きます。

気象予報士としてのお仕事は、皆さんがよくご存知のお天気キャスターであったり、他にも、天気予報コンテンツの作成や、需要予測を立てようと考えている小売業、レジャー産業への情報提供などがあり、さまざまな面で気象予報士という資格が生かされています。

気象予報士の試験は、1月と8月の年二度行われており、学科と実技試験があります。

試験では、気象学や気象予報の基礎などはマークシート式で問われ、緊急時の予報についてや、気象予報について、記述式で問われている部分もあります。

合格率は平均5%前後というとても厳しい数字で難易度の高い資格です。
気象予報士になるには、まずこの試験を突破しなければなりません。

ここで免除という点について触れておきますと、学科試験に合格し実技試験に落ちた場合や、学科試験の一部のみが合格だった場合、その後の試験2回は、合格部分の免除ができます。

また、気象庁や自衛隊などでの実務経験がある場合は、学科試験の免除ができるようです。





合格するための気象予報士の通信教育

気象予報士に合格するために通信教育の講座を利用するのもいいと思います。
通信教育の講座の勉強は、一人で勉強するという点では、独学と変わりません。

しかし通信教育の講座は解らない事は聞けたりできたり、ネット上のコミュニティなどもありますので、同じ仲間と頑張れるといった実感がおおきな励みとモチベーションの維持につながります!


気象予報士に合格するために、通信講座のテキストを読み込み、サブノートも充実しましょう。

添削課題と学科試験の過去問などを利用して、すべて暗記してしまうと良いでしょう。
テキストの内容が大体頭に入っていれば、一般と専門の問題には対応できると思います。

気象予報士の通信教育の実技の勉強方法は、学科と同じ様な勉強法でいいです。

ただ文章問題や図で示された問題に、すばやく理解する必要があると思います。
文章表現力も必要なので、ひたすらくり返し問題をこなして、体で覚える事が必要になります。


勉強にあてられる時間があるのでしたら、書店で問題集や参考書をみるのもいいでしょう。

問題集や参考書選びもさまざまではありますが、まずは、自分に一番あう参考書選びが重要です。
私の選び方ですが、テレビにでている有名人が書いた体験談的な本ではなく、
問題だけが載っている問題集がいいと思います。

どれほど詳しく書かれているからといっても、自分に合わない参考書であれば、詳しくたって意味がありません。

基本的なポイントを書きましたが、人によって、試験勉強というものは、合う合わないが絶対にあります。
しかし、勉強方法が合わないからといって、気象予報士を目指すのをあきらめるのではなく、自分に合う勉強法というものは必ず見つかるはずです。
あきらめずに挑戦しましょう。



 

気象予報士の効果的な勉強法

気象予報士に合格するための効率のいい勉強法や、どうすれば気象予報士合格に近づけるのか・・・わからなくて悩んでいらっしゃることだと思います。

私流に、試験勉強対策ポイントを練ってみましたので、お試し下さい。

まず気象予報士の実技は、対策と傾向を学ぶことから始めましょう。
気象予報士の試験は、毎回問題形式がバラバラで、押さえづらいポイントです。

しかし、よく見ると、どんな問題形式であれ、問われている内容は、過去問をかなりやっておくことで、あらかじめの点数が取れるという点にあります。

もちろん、新しい見たこともない問題というのもありますが、基礎と過去問など反復で応用が十分に出来ます。

また、参考書だけではなく、気象図と実際の気象を比較するのも、良い勉強法です。
次に、気象予報士の学科は、とにかく暗記が合格への近道とも言えるでしょう。
どんな問題であれ、暗記さえ確実にしておけば、切り抜けられると思います。


気象予報士の勉強法としての講習会

気象予報士の勉強法の一つとして、講習会に参加する方法が挙げられます。
気象予報士の講習会は、各々の主催者よる講習会になっていまして、いくつかに分けられます。

主に気象業務支援センターや、民間の気象関連会社や、気象予報士・キャスターなどが主催する講習会になります。

この中で、私がおすすめなのは、気象業務センターによる講習会で、この講習会はいくつかの講習会があります。
その中でも、最新気象技術講習会をおすすめします。

半年ごとに行われ、カリキュラムがすべて終了できれば、それなりの知識が学べ、お値段も他の講習会に比べれば、お手ごろな方だと思います。

気象予報士試験は、この財務法人気象業務センターによって行われていますので、他の講習会を利用するのも良いですが、この、気象業務センターによる講習会が一番勉強するには近道?かもしれませんね。

この気象業務センターが行う講習会は、東京・福岡・大阪で行われています。
また、地方者向けに、気象業務センターの通信教育も受けることが可能ですので、自分に合った勉強法を探すと良いでしょう。

スポンサードリンク

2style.net
プライバシーポリシーについて