ホ別苺

 

割り切り掲示板 30になったが女性経験がない。いわゆる童貞と言うヤツだ。 若い頃は、初体験については、ま、その内どこかで縁はあるだろうと楽観視していた。しかし、この年になるまでまるで何もなかった。こちらからアクションを起こさない限り、受け身では絶対に機会は発生しないと言う現実を、まさか30になって学習しようとは思わなかった。 30を超えて童貞だったら魔法使いになれるらしくて、だったらメラゾーマやイオナズンを使いまくってやろうと冗談っぽく言っていたが、現実的に女性と全然縁がなくて三十路オーバーしてしまった。残念ながら、メラゾーマどころかメラさえも使えていない。 ただ、別にこれと言ってセックスに拘りがあるわけではない。性欲はあってエロ動画で自慰行為をしたりはするものの、それほど性に執着はない。ただ、高校時代の級友たちや会社の同僚が、カノジョを作ったり挙句は結婚したりして次々と童貞を卒業していく現実をリアルタイムで見てきて、相応の焦りは感じ始めていた。セックスしたい!と言うよりも、人並みでありたい!と言う日本人の小市民感である。 特に魔法使いを目指しているわけではないので、一度くらいは体験しておこうと考えたのが、ホ別苺の援交女子に声をかけ始めたきっかけだ。ホ別苺を選んだのは、自分の財政と金銭価値を鑑みるに、その程度までしか財布から出せなかったからだ。 こうして、僕はホ別苺女子と会うことができた。正直、ブスだった。彼女も割り切っていて率先してホテルに誘ってくれて、「あーらよっと」と言う感じで股を開いてくれたのだが・・・初めての生マンコに対する物珍しさこそあったが、全く勃起しなかった。あれだけエロ動画で抜いていたのに、現実の女性の前では緊張の方が上回ってしまった。 さすがに勃たないことは、割り切って相手をしてくれる彼女にも申し訳ないし、自分にも情けない。僕は彼女を必死に愛撫しながら、心の中で勃起する呪文(バイアグラの呪文)を唱えまくったが、どうやら僕には魔法使いの素養はなかったようだ。 40になったら、もう一度挑戦しよう。その頃には魔法使いになれているだろうか? 援デリ 援デリ

 

 

 

2style.net