チャットオナニー

 

オナ友  年齢は34歳。 どこにでもいる普通の主婦です。 私が、まさか・・チャットオナニーで乱れてしまうなて・・・。  家庭に不満は全くありません。 夫と子供と3人での生活は、満たされています。 だけど、それなのに何となく物足りなさって感じたりして。 刺激という部分は、確かになくなってしまっているかもしれません。 それと、女としての楽しみ。 家庭の中で、セックスがなくなってしまって久しい。 1人ですることはあります。 でも、女として求められたい気持ちは、常に強く持ってしまっていました。  誰もいない時間帯に、ネットを徘徊していたときのことでした。 ツーショットチャットっていうのを発見。 瞬間、体に電流が流れたような気がしました。 チャットの待機者を見ていると、とてもエッチなセリフを書いて入室を待っています。 対面するわけでもなく、文字だけの世界だからと、ふらりと入室してしまったのでした。 まさか、チャットオナニーになるとは思ってもいませんでした。  見知らぬ異性との会話。 その内容はエッチな方向にどんどん進んでいく。 気持ちがすごく盛り上がってしまっている私。 近頃感じたことがない大きな刺激を覚えてしまい、言われるがままにチャットオナニーに入っていってしまっていました。 「ほら、汚れたパンツを脱いで、足を広げてみて」 「ビラを広げて、オマンコの中が見えるようにして」 「クリちゃんを出して、激しく刺激してみな」 男の人の子の指示で、無我夢中でチャットオナニーに励んでしまっていた私でした。 快楽を追求する気持ちは、エスカレートしていきました。 さらなる刺激を求めたい気持ちから、カカオトークで通話することにもなりました。  直接、男の人の声を聞き、オナニーの指示を出されるとますます興奮してしまったのです。 チャットオナニーで我を忘れて、快楽の虜になってしまったのでした。 そのことが忘れられず、その男の人とチャットしたり、通話するようになってしまっています。 いつか、それを超えて現実へ・・・そんな妄想が膨らんでしまっています。 オナニーの見せ合い オナニーの見せ合い

 

 

 

2style.net