喪女

高齢女性の処女喪失を手伝う為 私は喪女です。もう、24歳になるのに彼氏は出来ません。見た目もブスだから仕方ないと思う私は仕事を頑張ろうと働いていました。そのおかげで、貯金はどんどん貯まっていきます。しかし、会社の後輩の人が結婚を決まるごとに祝儀をあげたりしています。しかも、ここ最近それが多いこともあって何のために働いているんだと思います。喪女だから仕方ないと自分を攻めたこともあります。 そんなある日、美容整形の番組を観ました。私も美容整形すれば人生が変わるかな。でも性格が暗いと無理かなと、思いましたが一度っきりの人生だからと思い会社を辞めて整形しました。 それから半年後。私は会社近くのカフェでお茶をしました。すると、会社の先輩がそこでお茶を飲んでいました。前から私は先輩のことが密かに好きだったので、先輩の近くで物を落としたふりをして話しかけられるチャンスを作りました。「落ちましたよ。」「ありがとうございます。」最初はこれだけの会話。でも先輩は毎週のようにこのカフェに来るのを知っていたので私も毎週通い、そしてどんどん話せるようになりました。喪女の時はそんなことは出来なかったけれど今は違う。 そして、今度デートもする事になりました。デートしている時も私の事を気付かない先輩。もちろん名前も仮名付けているし、性格も見た目も変えたからバレることはありません。3ヶ月後には先輩から付き合って欲しいと告白されて無事に交際が始まりました。いつか本当のことを話さないといけないけれど今はこの楽しい瞬間を楽しみたいです。 プチ援助交際 プチ割

 

 

 

 

2style.net