エッチしたい

セフレの作り方 私は以前キャバクラで働いていました。そして、そこで知り合った亮介と今付き合っています。亮介に会った最初の印象は尻軽男だと思いました。 彼はいつも、怖そうな人達と何人かでお店に訪れていました。そして会話は口が開けば「エッチしたい。エッチしたい。」正直、こんな人と付き合う事はないと思っていました。 ところが仕事が休みの日に偶然に亮介と出会いました。夜で見せる姿とは別人でスーツ姿で車から出る男性をお出迎えしました。そして、私の姿を見るとニコっと笑顔を向けてその男性と某ビルに入って行きました。私はその笑顔にドキッとしてしまいました。その後亮介から連絡が入りました。 「夕方空いているかな。よければご飯食べに行かないか。」仕事が休みの日はあまりお客さんと会わないようにしていたけれど、今日はあの笑顔を見たせいか会ってもいいかなと思い亮介と会いました。2人きりの会話では「エッチしたい。」と言うトークも無ければいたって真面目な話。仕事の話、プライベートの話。彼が普通の男性で少し安心しました。それからも何度か彼と2人で会うようになりました。 「良ければ俺と付き合ってくれないか。」「はい。」こうして、私たちは付き合うようになりました。初めてのHの時に分かりました。彼の背中に刺青がある事に。恐怖を感じました。けど、その時はもう遅かった。何故なら私は彼に夢中になり過ぎていたからです。彼も自分の仕事について話しません。普通の人だったら良かったのにと何度も思いました。 別苺 別苺

 

 

 

 

2style.net