謝礼交際

 

パパ活掲示板 彼女と謝礼交際を始めたのは、知人からの紹介でした。 今の職場に勤務しているのは、大学からの紹介でした。 正直、僕は自分では何も決められないのです。決められないとは、意志決定する強い信念がないと言うこと。お金さえ稼げれば仕事は何でもよかったし、女性と付き合えるならどういう形であれ全然構わなかったわけです。何をやっても楽しいとは思えませんでしたし、それが当たり前の世の中だと考えていました。 そんな時に、知人から「謝礼交際希望の女性がいる」と彼女を紹介されました。彼女はお金に困っていて知人を頼ってきたのだそうです。 僕はこれまで女性と付き合ったことはありませんでしたし、別段に女の子を抱きたいとも思っていなかったのですが、一度くらいは経験してみてもいいかな、という軽いノリでした。 普通に女の子を紹介されても「興味ないから」と断っていたでしょう。でも、お金を介する関係ならばそれはビジネスです。後腐れもありませんし、合わなければそれっきりでも全然構わないと言う気楽さがありました。 こうして、知人のセッティングで彼女と会いました。僕よりも少し年上で漆黒のロングヘアーが清楚な印象を与える女性でした。ああ、こんな人がお金で体を売るのだな、と、僕は他人事のように彼女を観察していました。 セックスについては、彼女が全てリードしてくれましたので全く戸惑うことはありませんでした。AVなどで知ってはいましたが、フェラってこんなに気持ちいいものなのだな、と心より先に体が反応してくれました。 彼女の中は、まるで別世界のようであり、キュッと締められると僕はあっけなく果ててしまいました。結構な額を払いましたが、彼女も喜んでくれたし、僕も新しい体験をして満足でしたので、惜しいとは全然思いませんでした。まさに渡すお金は報酬ではなく謝礼でした。 彼女とはそれっきりでしたが、そこから僕は謝礼交際に目覚めました。他人からの紹介で人生を送ってきた僕が、初めて自分で選択した行為が謝礼交際だったのです。僕はこの快感とときめきのために、これまで自分自身で意志決定をしてこなかったのだなと思いました。 とりあえず、知人から別の女性を紹介されたので謝礼交際してきます。 愛人掲示板 愛人契約

 

 

 

2style.net