若妻

 

出会い系 出会い系で出会った彼女は20代半ばだった。既婚者だと言う。人妻の火遊びだ。 30過ぎて独身で出会い系で遊んでいる僕からしてみると、20代の人妻はまさに若妻だった。今までも人妻とは遊んだことはあるものの、年下とは初めてだった。 しかし不思議なものだ。結婚なんて言うのは一大事業であり、人生最大の決断(と妥協)だと思う。それを、女の子とはいえ、僕よりはるかに若い人間が僕よりはるかに前に若妻となっているのだ。 男性と女性の結婚観の違いはあるとは思うが、ある意味、尊敬に値する。僕なんて、今までに何回か結婚のチャンスはあったが、そのいずれも優柔不断で逃しているのだからなおさらだ。 それにしても、若妻の体は良かった。聞けば、まだ子供はいないと言う。20代の滑らかな肌と、使い込まれていないように桃色の濡れた秘部が艶めかしく、感度も抜群だった。クリトリスをつつくと、少女のような可愛い声をあげた。 こんな若妻をゲットした旦那さんがうらやましい。しかし、その若妻がこうして出会い系で遊んでいるのだから、その事実を知らない旦那さんが幸なのか不幸なのかはわからない。ただ、僕は転がり込んできたラッキーをモノにするだけだ。 彼女は出会い系でこうした僕みたいな不特定多数の男を捕まえては遊んでいるそうだ。ただし、浮気ではない。旦那さんのことは大切だし、あくまでも旦那さんファーストで、僕たちは2番らしい。 でも、こうして他の男と関係を持つことは、例え一夜の遊びでも浮気になるのではないか?だいたい、事が明るみになったら旦那さんが黙ってないだろう。しかし「そうなったらなったで、旦那さんは許してくれると思う」と若妻は言っていた。 年の差50歳。人柄と資産に惚れて結婚したはいいけれど、もう既に不能なので旦那さんに抱かれることはない。結婚には後悔していないが、旦那さんが満たせない部分をこうして外に求めているのだそうだ。 「あと10年くらい待っていてくれたら正式に付き合ってもいいけどね」と、若妻は僕に一晩だけの熱いキスをかわしてきた。 出会い系で見つけたセフレ 即ハメ掲示板

 

 

 

2style.net