Chariot

からだノート

1.今この場ではじめられる対処法。
2.あるけやしないよ…歩く話

 

 

自律神経失調症とか心身症って

具体的に機能しにくいのは神経…なんで。

神経の緊張、ゆるみの調整が順調になるってのが

大事です。が!

書籍などでよく見かける

自律訓練法!

できるようになれば、安定する。

ってのは、実はものすごーく短絡なお話です。

なんていうか野球初心者にプロ級の技を求めるような話?

なので本をみて頑張る必要はないです。

(ゆくゆくは役立ちます)

一般的に心療内科や神経科、精神科ではそういう事言わないし

体のケアについて具体的にどうこう言わないです。

た〜ぶ〜ん、お医者様が言うと患者さんががんばっちゃうから?

かもしれんけど…

 

 

確かに好きな事を自由にしていればよくなる病気です…が!

なにしていいのかわからん!寝ていればいいの?

というのが私の疑問でした。

 

アプローチするのはこころとからだ両方から治療するのが一番確実と私は思います。

基本的に「病気」だからもたない事が多いので

ぐったりしている事が多いのですが…。

じっとしていても、あまり良くならない…。

これ!こまったこの病気の特徴です。

なので体の基本二大方針。

内臓機能を安定させる

下半身とおなかのまわりに筋肉をつける

おおまかにいったらこれだけです。

大変そう?

 

 

では簡単なのをまず一つ。

足の指を10回グーパーしてください。

簡単だと思います。

足の裏に筋肉がしっかりつくと

足全体の血行が良くなって

足がやる気を出します。

やる気ないのに無理矢理運動させたらかわいそうだもんね。

自分に優しく♪足にも優しく♪

今読みながら

やってみると

足全体が気持ちよくなる気がしませんか?

コリをほぐすつもりで〜♪

大事なのは気持ちよくやる事です。

気持ちがいい事しか続かない。

というか

気持ちがいい事だけを続ける。

かな〜。

人それぞれだと思うけど

気が向いた時に続けてみてください。

こういった心の負荷の少ない体の調整法を載せていけたらと思います。

最初のページへhomenext

2style.net