ミラノ出張報告
Sam-Home Sam-Campへ
ミラノまで仕事で行ってきました

2005年9月、仕事の関係でミラノに行って来ました。数年前は年間に何度かミラノには定期的に訪問してたのですが、今回は久しぶりなので以前を思い出しがてら簡単なレポートを作ってみました。
さて、まずは成田。
今回はJAL/アリタリアの共同運航便なので珍しい第1ターミナルからの出発です。
13:05、登場開始です。
フライトは約13時間。
飛び立って1時間で機内食。
和洋折衷で、まぁまぁの味。
パーソナルモニターがあると無いとじゃ大違い。
<マウスオーバー>
機内でほとんど眠らない私は、映画だけが唯一の救いです。。
仕事で使っているモバイル2号も同乗。とはいいながらフライト中は先日のキャンプレポートを作っていましたが(笑) マルペンサ国際空港に到着。現地は曇り。
気候はほとんど日本と一緒。
空港からタクシーで約1時間、ミラノ市内のホテルに到着。
<マウスオーバー>
4階のえらい奥まった部屋でしたが、これが実はラッキー。
奥の部屋だけツインルームで、右にこの書斎・・・
<マウスオーバー>
左にベッドルームに分かれていて、通常の部屋より1.5倍広いようです。
真ん中に見えるのが入り口で、その正面がバスルーム、そして左右に部屋というレイアウトです。どちらの部屋にも書斎とでっかいTVがあるのも便利。 外国に来ると一番楽しいのが現地のTV。さすがイタリアスポーツ専用チャンネル、それもサッカーの中継はほとんど毎時間。
すでに夜中に近い時間ですが、夕食に出かけました。ここは街の中心、ガレリア。 そしてミラノのシンボル、デゥオモ。
昼間もいいですが、ライトアップの夜がとても素敵です。
最初のディナーは「REPLAY」。モダンなカジュアルレストランで、出張のたびに一番気軽に使うレストランです。 着いてすぐの夕食なので、アンティパスト・ミストと、パスタ(スパゲティ・ロッソ)をスターターにしました。
部屋には専用のLANが無いと聞いていましたが、フロントの横にFREE INTERNETコーナーが設置されていて、これは大変便利でした。BLOGへの書き込みもここから行いました。 時差でなんとなく眠れないまま迎えた翌朝。
やっぱりやっていた日本のアニメ。
イタリアではすごい人気があるんですよ。
ホテルの朝食はもちろんビュッフェスタイル。
さすがイタリア、ハムの種類がものすごく多いので、とにかくみんな食べちゃいました(笑)
さて、仕事に出発。
意味も無くカッコつけてみました(爆)
ミラノの街はちょうど通勤時間帯。街が狭いですから車はコンパクト、バイク、自転車、路面電車が主な移動手段。 今日の仕事場となる事務所内。ここでもネット環境につなぎ、仕事。便利ですねー。
<マウスオーバー>
事務所のアシスタントマネージャー、E嬢。笑顔がとても素敵なミラネーゼ。ここでの仕事をたくさんフォローしてもらいました。
お昼は思い切って、ミラノでも老舗の高級リストランテBAGUTTAへ。著名な絵画家たちが愛したレストランで店内は大変雰囲気があります。これは日本では味わえません。 さらに奥に行くと、大きな木陰のオープンテラスがあり、今日はそこのテーブルでの昼食です。。
いろいろなアンティパストのあとはパスタ。この日はフンギポルチーニソースのフェトチーネです。これは美味。この後のセコンドはコートレット・アラ・ミラネーゼをみんなでシェア。 午後はちょいと市場調査も。
ここは誰もが知ってる高級店の目抜き通りモンテ・ナポレオーネ。
<マウスオーバー>
イタリアの白バイ警官。何をやってるか知りませんが、通りがかっただけのオジサンが話しかけたりしてえらい気楽。
こちらは私の好きなスピーガ通り。
モンテナポレオーネよりも落ち着きがあって、ブランドも個性豊かです。
<マウスオーバー>
おっと!ある一角にフォレスターを発見。結構スバルの車は走っています。
海外に行くとなんと言ってもDPの素晴らしさに感心します。景徳鎮と違和感がありません。
<マウスオーバー>
たまにこういうふざけたユーモアもあります(笑)
 
     

*

2style.net