JALパック 海外

国内旅行はもちろん、円高基調が続く現代、海外での豪華な旅で羽を伸ばしてみませんか?

高度成長期まで海外パッケージツアーといえば「ジャルパック」。
ジャルパックがステータスの時代でした。
そして、1ドル100円でも円高基調にあるといえ、日本人の多くの方々が かつての豪華パッケージツアー と同様のおもてなしを、かつてでは考えられないほどの割安感覚・お手軽感覚で楽しむことができるようになりました。

JALパックツアー とは?

JALパックとは、高度経済成長期に国策旅行会社・日本航空の旅行部門として発展独立した、
日本の海外旅行のパイオニアです。

現在、ツアー旅行などで培った独自のネットワーク網を駆使して同業他会社のツアー網などを支 える一方、個々の旅行需要に対応するため自社商品の直販にも取り組むようになりました。

このような方にお勧めです。

  • 懐かしきJALパック旅行を今一度体験してみませんか?
  • 中長期的に円高基調の時代に入り、格安旅行ではなくともJALパックのパッケージ等で豪華な旅を満喫できるチャンスです!
  • 大手他会社に真似のできない独自の海外ツアー網を展開するJALパック
  • ツアー網を生かしてパックツアーを他会社に唯一卸しているJALパックでの旅が実は最もお得です。

懐かしの映画でみるJALパック旅行

写真

昭和38年の若大将シリーズ第4作目の映画。シリーズでは初の海外主要ロケ作品。

写真

京南大学ヨット部のキャプテン・若大将こと田沼雄一(加山雄三)は、ハワイに渡り放蕩三昧の珍道中を繰り広げる悪友・青大将こと石山(田中邦衛)を追いハワイに向う。

出演者にはヒロインの澄子役で定番の星由里子。その他に飯田蝶子などが脇を固めている。


写真  写真





 


写真 写真

百恵&友和コンビ8作目で初の海外作品・「ふりむけば愛」。百恵演じる石黒杏子はピアノ調律師。ふとしたきっかけで訪れたサンフランシスコへの旅先で、三浦友和演じる田丸哲夫と出会う。

ヒッピー、現代でいう外篭もり生活を続ける哲夫と東京の居住地である百草園で会う約束をして別れるが、哲夫とは出会えなかった・・・。

後日、サンフランシスコに戻った杏子が哲夫の部屋で見たものは・・・。

一度壊れてしまった二人の仲を、哲夫が杏子を追いかけて「ふりむかせる」。
大林宣彦によるオリジナル作品。ロケ地はサンフランシスコ〜東京の日野・百草園周辺および多摩動物公園駅。





 



写真 写真




写真  写真
サンディエゴ旅行では、レゴランドがお子様向けに最適です。右はコロナドビーチ


写真 写真

1971年のイギリス映画 「小さな恋のメロディ」。
ビージーズの曲にのった早春を描いた鮮やかな作りは、イギリスではヒットに恵まれず、アメリカでは一部で人気を博しましたが、日本とアルゼンチンなどでは大ヒットしました。





メロディが金魚を泳がすシーンは、Waterloo 駅南方向の地下鉄 Lambeth North 駅からKennington Roadを10分ほど歩いた Lambeth Road に差し掛かる交差点付近にあります。

写真 写真



写真



Google Street View でみるランベスロード&ケニントンロードのロケシーン

写真 写真

Street View の場所は、メロディが金魚を泳がした馬桶の場所です。 さらに Kennington Road を行くと金魚瓶をもったメロディが父親からお小遣いをもらうパブに着きます。

舞台となったパブリックスクールの建物は、地下鉄 Hammersmith 駅の北東方向の場所にある Brook Greenバス停付近にあります。

現在まで残っている建物は最近は空室状態のままのようですが、印象的なアーケードをくぐって行くロケシーンも現在まで見ることができるようになっています。墓地でのデートシーンは Brompton Cemeteryではなく Nunhead Cemetery 。このシーンは、日本の漫画 みゆき にも影響を与えています。

写真 

物語を見ますと、伝統的なパブリックスクールに通う11歳のダニエル(マーク・レスター)は、オーンショウ(ジャック・ワイルド)というガキ大将と連むごく平凡な気弱な少年。いつしか、同校でメロディ(トレイシー・ハイド)という少女と出会う。

二人はいつしか互いに惹かれあい、心を通わせる。二人の早熟で純粋な恋は、学校や親ら旧弊な大人を狼狽させながら、同級生らの手助けによってトロッコを漕ぎながら永遠の愛に向かっていく。




 


写真 写真

「赤いシリーズ」2作目のドラマが「赤い疑惑」(1975〜1976年)。「赤いシリーズ」にして初の百恵&友和コンビ作品になります。

不条理に遭いながらも前向きに試練に立ち向かう女性の姿を描いた人気シリーズ。

「赤い疑惑」では、岸恵子が山口百恵演じる幸子のパリに住む叔母役の理恵 (本当は実母)で出演。学内被爆で幸子を助ける医大生・光夫に三浦友和。

理恵が日本に来る日に、宇津井健演じる父親が勤める大学で幸子が被爆し白血病になってからの父母や光夫との秘密が明らかになっていく模様を描いてゆきます。

パリロケでは日本航空が全面協力。

写真 写真







「フランスは、その礼儀作法や社交生活の洗練さによって、イギリスの貴族階級の高貴さとはまた違った上品なマナーを身につけ、態度振る舞いに磨きをかけるということから人気があった。 パリでは、彼らはフランス風の衣服を身にまとい、イギリスらしい田舎じみた痕跡を抹消しようとした。」 Wikipedia グランドツアー より


写真 写真

恋仲になったサク(山田孝之)とアキ(綾瀬はるか)の恋から別れを、17年後のサクの追憶で辿ってゆく悲哀物語。

オーストラリアのウルル(キングスキャニオン)が舞台のひとつ。




 

ジャルパックでゆく海外旅行各種

 



 


  

2style.net