2style.net

人生をいかに後悔なく過ごすことができるか

お墓の様子

余命宣告をされてしまうと非常にショッキングなものですが、それも考え方一つで残された人生をいかに後悔なく過ごすことができるかを知ることができたと捉えることもできます。

人間はいつ死ぬかわからないものですから、昨日まで元気にしていた人が次の日になくなっていたということは決して珍しいものではありません。そのため、常に今日が最後の日だと考えて後悔のないように生活をするのが大事なことになりますが、現実的には多くの人が自分が明日死ぬかもしれないと考えて暮らすことはありませんからどうしても適当な生活を送ってしまいがちです。

聖和葬儀社ウェブサイト | 相模原市営斎場

余命宣告をされれば否がおうにも残された時間を考えることになりますから、残りの時間を精一杯生きることになります。もちろん、医師の宣告が必ずしも正しいものとは限りませんから半年と言われた人が何年も生き続けたということもありますし、最後まで希望を捨ててはなりません。

しかし、ある程度は宣告されたその日までにやり残したことをしておくことで、後悔のない一生を終えることができます。終活というのはいつ始めて良いのかというのは、健康なときにはピンと来ないものですが残された時間がはっきりすればその日から積極的に終活を始めることができるものです。実際にこのような状況で終活を始めるとなると、何から手を付けて良いのかわからないということもあるでしょうが人まずは身の回りのものの片付けから初めて見るというのが良いでしょう。

終活の基本となるものですから最初に始めるのはちょうどよく、身の回りのものを片付けることによって気持ちの整理をつけることができますし人生を考えなおすのにいいものです。

© 2016 余命を宣告されたら後悔しないよう終活を rights reserved.