2style.net
第3回 お茶の水女子大学 糖鎖科学教育研究センター 公開シンポジウム
糖鎖が語る生命と病気
(参加無料) 学生・一般にも分かりやすい講演です。


日時 3月5日(木) 13:30〜17:50
会場 お茶の水女子大学理学部
   3号館 701号室

東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」/有楽町線「護国寺」歩7分、都バス「大塚2丁目」歩1分

共催:お茶の水女子大学生命情報学教育研究センター



13:30-13:35  ご挨拶 郷通子

13:35-13:55  相川京子
(お茶の水女子大学大学院 准教授、糖鎖科学教育センター員、糖鎖生物学)
「糖鎖が決める、がん細胞の運命やいかに?」

13:55-14:35  渡辺秀人
(愛知医科大学 分子医科学研究所教授・所長)
「炎症、がん転移、老化も糖鎖から? 細胞外マトリックスの糖鎖と疾患」

14:35-14:55  広橋教貴
(お茶の水女子大学大学院講師、発生生物学)
「ドグマにチャレンジ:ほ乳類の受精を解剖する」

14:55-15:35  笠井献一
(帝京大学薬学部教授、本学糖鎖科学教育研究センター客員教授(予定))
「初めに糖ありき:生命はグルコースと共に始まった」


*** 休憩 ***

15:50-16:10  能登香
(お茶の水女子大学アカデミック・プロダクション特任リサーチフェロー、糖鎖科学教育研究センター研究協力員、計算化学)
「シミュレーションで迫るー糖鎖とタンパク質のくっつき方」

16:10-16:50  由良敬
(お茶の水女子大学大学院教授、生命情報学教育研究センター長、構造バイオインフォマティクス)
「たくさんのデータ観察からわかるタンパク質が低分子を認識するようす」

16:50-17:10  貞許礼子
(お茶の水女子大学アカデミック・プロダクション特認助教、ケミカルバイオロジー)
「バクテリアの顔をつくり変えて新ワクチンをつくる」

17:10-17:50  遠藤玉夫
(東京都老人総合研究所研究部長、平成19年度朝日賞受賞)
「脳や筋肉をかたちづくる糖鎖〜糖鎖異常による筋ジストロフィーの発現」

18:15-19:30  茶話会 会費500円


※最先端の糖鎖生命科学を学生、一般の方にもわかりやすくお話しします。
なるべく事前にお申し込み下さい(当日参加も可)
申込・問合せ: tousa@cc.ocha.ac.jp(坂井),  FAX: 03(5978)5343(小川)
PCサイトURL: http://www.ocha.ac.jp/tousa/index.htm