何故できる?背中のにきび

皮脂の分泌する量が多かったり、古い角質がたまっていると、毛穴が詰まってしまうばあいがあり、そこから詰まったアブラが酸化して黒くなり固まってしまうことに。やがて、その固まり(コメド)が大きく膨らんで、そこに菌が繁殖して炎症を引き起こした状態=これが背中のにきびに。

元々皮脂腺の多い胸や背中は、にきびが出来やすい体の部分なので大人になってもなかなか治まらないケースが多いようです。

背中のにきびを対策する方法をご紹介

背中は体のTゾーンとも呼ばれ、皮脂腺が多く汗をかきやすい場所。その為、お手入れを疎かにしていると汗や垢といった汚れがたまって毛穴が詰まり、にきびへと繋がりやすいです。

背中のにきびの対策には、汚れをしっかり落とし、皮脂を抑えて肌を清潔に保つことがポイントです。

Check! ⇒ 対策のポイントは2つ
  • 清潔に保つ
  • 保湿を行う
清潔に保とう

あなたはお風呂に入るとき、しっかりと体を洗っているでしょうか?
タオルで石鹸を泡立ててから洗っていま すか?
自分ではきちんと洗っていると思っていても、背中は手の届きにくい部分であり、洗いづらい箇所である為、洗い残しがある場合が考えられます。

また多忙な生活を送られている方だと、仕事帰りで疲れているから今日はシャワーだけでサッと済ませようといったケースも多いかと思われます。

皮脂や垢汚れを残しておくと、背中のにきびの元に。
まずは清潔に保つために、毎日丁寧な洗い方を意識する事を心がけてください。

洗う場合にはタオルを使う他に、ボディブラシを使った方法もお勧めです。毛がやわらかめのタイプを選べば、肌が少し弱い方でも使えるでしょう。

またお風呂に入る時の注意点として、シャンプーやトリートメントが背中にかからないように(特にすすぐ時)気をつけましょう。シャンプー等に含まれる成分が、皮膚に吹き出物や炎症を招く元になるからです。

ピーリング石鹸で背中のにきび対策

AHAやサリチル酸などのピーリング成分は吹き出物に有効として知られていますが、それは皮膚に残った不要な角質を緩めて落とすから。 背中のにきびの元=毛穴の詰まりの原因のひとつとして、古くなった角質が厚くなる点が挙げられます。

背の部分は角質が厚くなりがちです。 かといって、古い角質を落とそうとタオルなどでゴシゴシと擦るのは厳禁。にきびを傷つけ、跡になる恐れが。

ピーリング石鹸を使えば、はだを痛めず、不要な角質だけをやさしく取り除いてくれます。ピーリング石鹸はドラッグストアなどに置かれているので、最寄のストアで簡単に入手できるでしょう。また通販でもフルーツ酸 (AHA) が配合されたものを初め、様々なタイプのものが出回っています。

洗い上がりはサッパリするのが特徴ですが、肌の弱い方には少し刺激が強い場合も。興味のある方は、口コミなどを参考にしてご自身のはだに合いそうなピーリング石鹸を調べてみると良いでしょう。

保湿ケアをしよう

しっかりと洗うことで、汚れを落として背中のにきびの原因となる毛穴づまりを予防することが可能ですが、保湿を行わずそのままの状態にしておくと皮膚が乾燥しやすくなります。

肌は表面が乾燥しているのを察知すると、乾燥から守る為に肌のアブラの量を増やす傾向に。それがベタツキ・毛穴の詰まりとなり、背中のにきびを招くことに繋がりま す。

背中のにきび対策として、お風呂あがりに体の保湿を行うことで、皮膚を乾燥から守り余分な皮脂の分泌を抑える効果が期待できます。

最近では逆さにしても使用できるスプレータイプの保湿化粧品が出回っているので、通販等で探してみるとよいでしょう。

2style.net