彼女に放尿してしまった濃厚セックスSM体験談/小説/話

彼女に放尿してしまった濃厚セックスSM体験談/小説/話



コンテンツ

まあ24日は昼過ぎから彼女と一緒にいたわけだ
そりゃもう普通の幸せなクリスマスイブを過ごしてたよ
で、晩ご飯はまずシャンメリーを開けてケンタッキーのチキンを食べたり彼女が作ってくれたビーフシチューを食べてたわけだ
俺は大学2年生
顔はまあイケメンだと思う

彼女は三つ年上の社会人
美人
可愛いというより本当に美人
お前らの好きな黒髪清楚系だ

で、シャワー浴び終わってベッドイン
彼女が結構Sっ気あるんで俺はいつも責められるんだ
今日も「ここがいいの?」とか「声だしたらきこえちゃうよ」とか言われながらせめられまくってた

で、ビーフシチューとかチキンとかたべてたらやっぱ酒のみたくなってくるわけ
俺はビールガブガブ飲んだ
彼女もカクテル飲んでた

で、良い感じに酔いがまわって二人でシャワー浴びよってなったわけね

でー、あそこをぐりぐりされたりしてるうちにやばいのがきた
なんかあそこがムズムズするのね
で、「いきそう・・・」なんて言ってたんだけど「まだだめー」なんて言いながらあそこをぎゅって握ってきたりするわけ

今日はいきそうになるの早いなーなんて思いながら彼女の好きなように責めてもらってた
で、俺も彼女も興奮MAXになったところでいよいよ挿入

ほんと、いつもより何倍も気持ちよかった
これがクリスマスマジックか・・・なんて思ってた

で、最初は正常位でガンガン突いてた
彼女もいつもより興奮してた
で、俺はここで気づいた

やばい、小便したい

で、最初はこの興奮を冷めさせるわけにはいかないと思って我慢してた

でも突くたびに尿意は確実に大きくなってく

パンパンパン!ああっ・・・!
パンパンパン!気持ちいいっ(やばい漏れそう)的な

で、ついに限界がきて彼女に言った
「ごめん・・漏れそう」

しかしここで彼女のSっ気発動

「だめ、いかせない」
彼女は俺を寝かせると馬乗りになってきた

で、彼女得意の騎乗位
彼女の騎乗位は上下に腰ふるやつじゃなくて前後運動のやつ
これがめちゃくちゃ上手くて気持ちいい

「はっはっ・・・気持ちいい?ねえ出そう?」
「はいっ・・・出そうです限界です」
「まだ駄目だよ〜」
彼女の腰は止まってくれなかった

ここで射精感とも尿意ともいえる言葉に出来ない快感がきた
「ああっ!もうだめ!でる!」
「いいよ!俺くん!いっていいよ!」

俺はゴム越しに小便撒き散らした

ああっ・・・

俺は自分の腰に温かいものが垂れてくるのを感じて自分の腰を見て驚愕した
こりゃ小便だ・・・

彼女もびっくりしてた

で、何を思ったのか俺の第一声が最悪だった

「・・・気持ちよすぎて漏らしちゃったの?wwwww」
あのときの彼女の顔は多分一生忘れない

で、彼女は無言でシャワーにいった
俺は裸でタオルとティッシュで小便掃除してた

彼女が戻ってきて「ごめんね」と一言だけ謝った
俺も謝って今日は帰るよって言ってとぼとぼ歩いていま帰宅しました

帰りながらごめんなさいとメールしたけど返事無しです




■関連リンク
[その他]
青姦する淫乱人妻のセックス不倫エロ告白話
兄の美人妻との濃厚セックス不倫エロ小説
ヌードモデルで社長の愛人になった人妻のエロ告白話
叔母との激しいセックス熟女エロ体験小説
婚約者との思い出のフェラチオ&セックス話
感じ過ぎた人妻のスワッピングエロ体験話
友人の彼女の気持ちいい手コキ浮気エロ体験小説
告白してきた巨乳OLの子と中出しエッチ体験小説
ぽっちゃり熟女な叔母とのセックス体験話
気持ちよすぎた看護婦の手コキ浮気エロ体験話

[掲示板]
携帯恋人友達エロ/H体験談(話)掲示板

[ランキング]
携帯エロ☆エッチ話ランキング

[アンテナ]
携帯エロ話体験談まとめアンテナ




戻る
トップ
(C)彼女に放尿してしまった濃厚セックスSM体験談/小説/話
2style.net