六十路熟女との騎乗位エッチ浮気エロ体験談/小説/話

六十路熟女との騎乗位エッチ浮気エロ体験談/小説/話



コンテンツ

出張先でお客さんと酒を飲み、予定外に泊まることに。
ビジネスホテルに毛が生えたようなホテルに入ってマッサージを呼んだ。
現れたのは小柄でムッチリした60前後の熟女。45分4千円で、マッサージされたが、時々股間付近を触ったり、私の手をおっぱいに当てたりされた。
時間が終わる頃「普通のだけでいいの〜」と聞いてきた。

別の女性を呼んでくれるのかと思い、何があるのか聞くと、6千円で口で抜く1.5万円で×××できる(90分)と言うので、90分を選択。
すると、そのおばちゃんが服を脱ぎだし、パンツ1枚になってチ○ポを咥えてきた。
母親よりも年上であろう熟女にされて「嘘だろ」と思ったが、濃厚なフェラにすぐにいきそうになった。

「やばい、出ちゃうよ」と言うと「いいよ、1回出しちゃって。その方がいっぱいできるでしょ」と口と手で激しく扱かれ、あっけなく口内射精。

ゴクッと飲み込んで「若いから硬いね。濃いーのがいっぱい出たよ。」とパンツを脱いだ。
大きく垂れ下がったおっぱいを舐めながらマ○コを触っていると、おばちゃんはまたチ○ポをもんできた。

勃起すると「私のも舐めてくれる」と顔に跨ってきてシックスナイン。
毛は薄く、大きく肥大したビラビラのマ○コを舐めると、喘ぎ始めた。

「気持ちよくなってきちゃった。入れようか。ゴムつける?生でもいいよ」
と聞くので「生がいい」と答えると騎乗位で生挿入された。
垂れたおっぱいを揺さぶりながら、グリグリとマ○コを押し付けるように動いていると、
「気持ちいい、いっちゃいそうになる。」
と喘ぎ声が大きくなってきた。

下から突き上げると「あ、ダメダメ、本当にいっちゃうよ」「ああ、いっちゃう、いっちゃう、いくよ、いくよ、あああああ、いぐーーーっ」と叫び続けていました。

その後正常位になり突いていると、
「やだ、また、いっていい?またいく、ああああーっ」
バックで挿入し、思いっきり突くとおばちゃんはまたいきそうになり、そのときオレも中出しした。

残り時間が20分くらいになったところで、おばちゃんは「まだできるでしょ」とフェラしてきた。

10分ほどで勃起すると「入れようか。今日はもうマッサージもないから、時間気にしなくていいよ」と再び騎乗位で挿入。

30分ほどの挿入でおばちゃんはまた3−4回たて続けにいって、最後は正常位で中出し。
おばちゃんはシャワーを浴びに行き、出てきて、パンツを履く姿を見ていると、3回出しているのにムラムラきてしまい、ベッドに連れ込んだ。

「まだできるん?若いからすごいね。」
とまたシックスナインで舐めあって、正常位で挿入。
体位を変えながら嵌めて、おばちゃんはまた何度かいき捲くり、3度目の中出しで終わった。

「こんなに気持ちよくしてもらったの初めてだよ。マッサージ代入れて、1万円でいいよ。」「今度前もって連絡くれたら仕事いれないでおくから。」
と携帯の番号をもらった。もう夜中の3時過ぎだった。




■関連リンク
[その他]
義母を好みに調教熟女不倫エロ告白体験談
目の前で妻を寝取られるエロ体験談/小説/話
喘ぎ声の大きい隣人の奥さんと激しいセックスをする不倫話
子持ち人妻OLとの不倫エロ話
気持ちよすぎた看護婦の手コキ浮気エロ小説
実父と人妻の近親不倫エッチ体験話
ヤリマン派遣OLとの濃厚なセックス話
巨根の社長になんども犯された人妻の不倫エッチ告白話
婚約中のOLが研修先で犯された浮気エッチ体験小説
射精寸止めするドSな人妻のエロ話

[掲示板]
携帯エロ☆エッチ体験談掲示板

[ランキング]
携帯エロ☆エッチ日記ランキング

[アンテナ]
携帯エロ話体験談まとめアンテナ




戻る
トップ
(C)六十路熟女との騎乗位エッチ浮気エロ体験談/小説/話
2style.net