息子を慰めた五十路熟女のセックス体験談/小説/話

息子を慰めた五十路熟女のセックス体験談/小説/話



コンテンツ

私は55歳で、息子は30歳です。
息子が離婚して帰ってきました。僅か3年の結婚生活でした。
私も離婚しており、胸が痛む思いです。
仕事にはちゃんと行ってますが、それ以外は部屋に閉じ篭っており、とても心配になったのです。そこで、1泊ですが温泉旅行に誘いました。

宿に着くと、仲居さんが『家族風呂も御座いますから、如何ですか、景色もすばらしいですよ』って。宿帳には、親子と書いたはずですが。

私から、「ではお願いします」と言い、息子も頷いていました。

食事も終わり、風呂に入りに向かいました。

二人では、広すぎる位でした。

最初は、お互いに恥ずかしながら湯につかり、身体をあらい、たわいない話を続けていましたら「母さん、色々ごめんね」って。

「いいわよ、今だから言うけど、あの人好きになれなかったから、私は嬉しいのよ」

複雑そうな顔しながら「そうだったんだ、ごめん」

「さあ、湯船にはいりましょ」

向かい合って座りましたが、股間を隠すように顔は横に向けていました。

「ん、どうしたの?」

「いや、、何でもない」

「もしかして、大きくなってる?母さんを見て…」

「うん、少しね。離婚前から、暫くして無かったし」

「そうなんだ。どれどれ」

少し抵抗しましたが、触ってあげると既に硬くなっていました。

暫くこすってあげると、うっとりしたような顔してたので可愛くなり、湯船に腰掛けさせ、口に含みました。

息子は、されるままに目をつむいでいました。

私も、久しぶりの肉棒に夢中になり、自分を忘れてしまい、玉も雁も丁寧になめてると、「うっ、出る」

「いいわよ、出しなさい」

口の中で、どくどくっと若い精が。

むせながらも、全て飲み干すと「ありがとう」

久し振りの笑顔でした。

部屋に戻ると、2組の布団が敷いてありましたが、私は「今日は、一緒に寝ましょう」って言い、隣に入ってきました。

「母さんいいの?」

「いいわよ、貴方もつらかったでしょ」

キスされ、口の中で、舌が暴れてます。

胸を揉まれ、首筋から下へと愛撫されながも、手は息子の肉棒に。

既に硬くなっており、ショーツも脱がされ全裸に。

「母さん綺麗だ」

自然に足を広げる格好になると、息子の舌がおま○こに。

「ああぁ、、いいぃ」声も自然に

「頂戴、口に硬いのを」

69の体制になると、二人ともお互いの性器を愛しあいました。

挿入された瞬間に、凄く幸せな気分になりながら力一杯抱きついていました。

私の中で肉棒が暴れています。

息子の名前呼びながら「逝く、、逝く、、」

「母さん、俺も」

「来て、、中に、中で、出して」

息子が唸りながら、私の中に出した瞬間に、子宮でその熱さを感じながら私も逝ってしまいました。

余韻に浸りながら「母さんありがとう。凄く良かった」

「私も良かった。久振りだったし」

その、夜は裸で抱き合い眠りました。

翌日からは、息子も元気を取り戻し、仕事の帰りを待つ妻のようになり、私も少しは若返ったかも。

家では、下着もセクシーになり、ミニ履いたりしてます。

お風呂もベッドも一緒で、今はとても幸せです。




■関連リンク
[その他]
OL社員にオナニー口内射精エロ体験小説
叔母との激しいセックス熟女エロ小説
色っぽい四十路熟女のセックス告白体験談
義弟とのセックスにハマった淫乱人妻の不倫エッチ話
バツイチ女と変態男の聖水プレイH告白体験談
セフレになった人妻との思い出の一夜不倫セックス告白体験談
巨乳の四十路熟女とのセックス体験小説
性欲旺盛な主婦の一度だけの浮気エッチ小説
息子とのエッチ妄想で興奮する母親のエロ告白体験談
女癖の悪い男に処女喪失初エッチ体験談

[掲示板]
携帯熟女エロ/H体験談(話)掲示板

[ランキング]
携帯人妻エロ/H体験談(話)ランキング

[アンテナ]
携帯官能小説まとめアンテナ




戻る
トップ
(C)息子を慰めた五十路熟女のセックス体験談/小説/話
2style.net