元カノとの騎乗位不倫セックス体験談/小説/話

元カノとの騎乗位不倫セックス体験談/小説/話



コンテンツ

今年、新しく家を購入し移り住んだ町内会の集会で、「あれ?」と思う女がいた。
もしかして、元カノか?気になってそばへ行き、
「F子さん?」と声をかけると、驚いたように振り向いた顔は、まさしく10年ぶりの元カノ、F子(30歳)だった。偶然の再会になった元カノ。学生時代に処女を頂いて2年ほどセフレを続けいた元カノに再会した。

この時は近況を聞いて別れたが、マイチ○コは覚えている。

しばらくして、街で偶然F子に会った。
「懐かしいね、元気?」

「お久し振りね、元気よ」

「久しぶりだから、ちょっとお茶でもいいかな」

「えー?どこで?」

「あそこの、デニーズで良いかな?」

「じゃぁ、いいわよ」

会って話すうちに、あちらの話になる。

「旦那いるんだろ、どう?」

「いいわよ」

「よくやってるのか」

「どうかしら、ふふ」

「どっちがいいの?」

「最初にされたあなたは、忘れられないわ」

「どう、思い出して、やる?」

「だって、わたしもう奥さんよ」

「奥さんだってやれない事ないだろ」

「・・・」

「F子のが、懐かしがってるよ、おれのを」

「今は・・、ねえ、今度にして」

「じゃあね、連絡するよ」

携帯とメアドをきいて、次に会う事を約束して別れた。

数日後、連絡したら次の水曜なら会えると言うので、場所と時間を決めた。

仕事を終えて約束の場所へ行くと、既に待っていた。

「お待たせ」

「今来たばかりよ」

「大丈夫か?」

「ええ、今日は居ないから」

夕食と飲みで時間を見て、

「行こうか、泊まりいいのか」

「遅くなってもいいけど、帰らないと」

「じゃあ、いこう」

裏道のラブホヘ入る。

「10年ぶりだね」

と言って抱き寄せてキス、しばらく吸っていた。

息が荒くなって、上気している。

ワンピースのボタンを外して脱がせ、スリップも脱がせてブラとパンティーにする。

俺もブリーフになってバストを揉み、乳首をこねるとピクピクしてきた。

シャワーを使いたいと言うので、バスへ。

全裸の後ろ姿は、10年前に比べるとふっくらとしている。

後から入って、後ろ抱きで、

「懐かしいチ○コだよと」

マ○コへグイッと押し込んで腰を動かす。

「ああ、まだダメよ」

と言いながらも既に感じている。

「どう?10年ぶりの味、思い出した?」

「ああ、いい、○○のって」

充分に馴染んだのでベッドに行き寝かせる。

ふくよかなバストに尖った乳首、くびれた腰から黒いが薄めの陰毛、割れた恥丘、放漫なヒップ、閉じた太ももから足先まで、12年前の最初の全裸姿と同じように横になっている。

重なって乳首を吸い、股間へ身体を入れ、開いた陰部へ手を入れ、クリを摩り、指を潜り込ませて奥を摩ると、ピクンピクンアッアッアッと反応。

F子の感度がよくなってきている。

身体を押し付けていくと自然にチ○コが入っていき、しっかりおさまる。

ゆるゆると動いて、懐かしいマ○コの感触を味わった。

F子は燃えてしまい、悶えていた。

バックにして股を開き、腰を突き出させると、ピンクのマ○コが濡れて俺のチ○コを待っている。

抱えてチ○コを押し込んで動かしていると、アン、ハン、ンン、とよがり声を出して腰を振っている。

やがて、絡まってきて、

「ああ、イキそう、ああイクゥ〜」

「つけなくていいのか?」

「いいわ、出していいわ」

締め付けられ、チ○コはズビュッズビュズビュッと心地よい感触で、10年ぶりにF子の子宮に温かい精液を注ぎこんで溢れさせた。

チ○コはしっかり咥えられたままになっている。

「F子、前よりよく締まる様になってるじゃない。まだいけるね。旦那にたっぷり入れられて可愛いがられているんだろ?」

「いや、ねえお願い、もっとして」

膝を抱えて、チ○コを動かし深く入って子宮を突いて続ける。

子宮からあふれた愛液が卑猥な音をさせて2人の股間を濡らしている。

騎乗位にすると、よがり声を出して上下運動で腰を振り、のけ反り、動いていたが伏せってきて、

「ああ、もうダメ、イキそうよ」

ハアハア息を荒げている。

正常位になり、動かすこと数分、

「ああイクゥ〜」

足と手を絡めてきてぎゅっと締まる、チ○コも締め付けられて、ズビュッズビュ、再び温かい精液を注ぎ込む。

じっとキスしながら重なったままで、静まるのを待つ。

ゆっくり抜いたF子の股間から、流れ出した愛液がシーツを汚していた。

「久しぶりにやれてよかったよ」

「せっかく忘れたと思っていたのに、またこんなにされたら忘れられなくなっちゃうわ」

「俺のチ○コも忘れられないって、F子のマ○コにもっと入れたいってさ」

「久しぶりにいい気持ちだったわ」

「そろそろ帰るか」

「まだ大丈夫、ねえもっと、だって10年ぶりでしょ」

お言葉に甘えて、

「じゃあ延長で」

と、その後2発もやってたっぷり楽しみ、今日はおしまいにした。

これからも、
「会えるわね」
という事になって、元カノとの不倫が始まった。




■関連リンク
[その他]
年下の男の子に中出しされた人妻の不倫エロ告白話
美人OLと社内セックス浮気エロ告白話
レズな人妻同士のエッチ体験話
友人達との泥酔乱交大会エッチ体験話
セックスレスの淫乱人妻との不倫エッチ小説
豊満ぽっちゃりな人妻と中出しセックス不倫エロ告白体験談
清掃のおばさんに中出し熟女エロ体験話
巨根に寝取られていた婚約中の彼女エロ小説
汗だくな女とセックスしたエロ話
バイト先の巨乳人妻に中出しセックス不倫エロ告白体験談

[掲示板]
携帯エロ☆エッチ日記掲示板

[ランキング]
携帯エロ☆エッチ小説ランキング

[アンテナ]
携帯官能小説まとめアンテナ




戻る
トップ
(C)元カノとの騎乗位不倫セックス体験談/小説/話
2style.net