Oh!My
Downtown
Baby★







Sample

icon
名字 名前
おはよう!こんにちは!こんばんは!ようこそ、我が家へ!
アイコンを置いて説明とかすると、こんな感じになります。
ちなみに、テーブルタグで設定しています。



改行すると、こんな感じ。
valign="top"で、文字やアイコンが上揃えになるようにしています。
  • リスト表示はこんな感じになります。
  • 箇条書きとかにどうぞ。
強調はこんな感じ。基本的にカスタマイズできる人向けです。

About

log : 
banner http://xxx.jp/
http://xxx.jp/banner.gif
  • robot.txt metaによる検索避け導入済み
  • 検索除け導入・同業者サイト様に限りリンクフリー

Text

メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意した。メロスには政治がわからぬ。メロスは、村の牧人である。笛を吹き、羊と遊んで暮して来た。けれども邪悪に対しては、人一倍に敏感であった。きょう未明メロスは村を出発し、野を越え山越え、十里はなれた此のシラクスの市にやって来た。メロスには父も、母も無い。女房も無い。十六の、内気な妹と二人暮しだ。この妹は、村の或る律気な一牧人を、近々、花婿として迎える事になっていた。結婚式も間近かなのである。メロスは、それゆえ、花嫁の衣裳やら祝宴の御馳走やらを買いに、はるばる市にやって来たのだ。先ず、その品々を買い集め、それから都の大路をぶらぶら歩いた。メロスには竹馬の友があった。セリヌンティウスである。今は此のシラクスの市で、石工をしている。その友を、これから訪ねてみるつもりなのだ。久しく逢わなかったのだから、訪ねて行くのが楽しみである。歩いているうちにメロスは、まちの様子を怪しく思った。ひっそりしている。もう既に日も落ちて、まちの暗いのは当りまえだが、けれども、なんだか、夜のせいばかりでは無く、市全体が、やけに寂しい。のんきなメロスも、だんだん不安になって来た。路で逢った若い衆をつかまえて、何かあったのか、二年まえに此の市に来たときは、夜でも皆が歌をうたって、まちは賑やかであった筈だが、と質問した。若い衆は、首を振って答えなかった。しばらく歩いて老爺に逢い、こんどはもっと、語勢を強くして質問した。老爺は答えなかった。メロスは両手で老爺のからだをゆすぶって質問を重ねた。老爺は、あたりをはばかる低声で、わずか答えた。
太宰治「走れメロス」
( image by こんぺいとう* design by Sweet*Junky )
2style.net