オナ電

センズリ鑑賞をさせた主婦とオフパコとなりセフレに昇格 私は加藤さんのことが好きです。でも加藤さんには家族がいるし子供もいる。結ばれない恋だと分かっている。加藤さんと出会ったのは職場でした。私が仕事で大きなミスをした時に助けてくれた。とても優しく加藤さんが結婚していなかったら私が結婚したかったのになと思ってしまうくらい私は好きだった。 そんなある日、仕事で大きなミスをしてしまいあまり人が入らない会議室で1人泣いていました。その時に加藤さんが来て優しく慰めてくれました。そんな優しさに私は思わず「その優しさも辛いです。私、加藤さんのこと好きだから。」と告白してしまいました。その場から離れようと思いましたが加藤さんは私の手を握り「私も好きだ。でも妻も子供も愛してる。不倫で君と関係を結んでしまったら君に申し訳ない。」意外な言葉が嬉しくなり私は自ら加藤さんにキスをして「愛人でもいいから付き合って下さい。」と告白をして、私達は誰もいない会議室でお互い求め合いました。 それ以降、加藤さんが出張の時は私も一緒に行ったり、会えない時は電話で話してオナ電を楽しんだりしていました。決して加藤さんの家族に迷惑をかけないようにオナ電をしたい時は加藤さんから電話を掛けてくれるのを待つ感じでした。 ある日、1人で買い物出かけると加藤さんとその家族で買い物をしている姿を発見しました。加藤さんは私に気づいていませんでした。幸せそうな家族の姿を見て私は結ばれない恋愛が辛くなってきた。早く加藤さんと別れてきちんとした人と付き合った方が良いことも自分では分かっている。でも、それが出来ない自分。今日も辛い気持ちの中、仕事で加藤さんと一緒に外回りへ行ってきます。 女性向けエロ動画 女性のオナニー

 

 

 

 

2style.net