神待ち少女

神待ちサイト 私は口うるさい親のもとから逃げ出したい神待ち少女です。友達もいないし、バイトもしてないし、家を出て行きたくても出ていけない。そのために、神待ち少女の私は未成年ということを一応伏せて助けてくれる人を探しました。そして、1人の男性が私を受け入れてくれることになり、私はその男性の家に転がり込みました。 「お邪魔します。」と、彼の家に入りました。彼は一人暮らしだけど部屋はとても綺麗でした。とりあえず私は料理や洗濯など出来る範囲のことをしました。 それから1ヵ月が経っても彼は私を犯すような事はしませんでした。正直、私はそういう事をされる覚悟はしていたので、それをしてこない彼に対して安心感を感じていました。優しく、私が神待ち少女になっても理由を聞かずに好きな時に帰っていいからねと、言ってくれる彼。私はそんな彼の優しさに徐々に好きになりましたが、それから半年後のことでした。彼の家に突然警察が訪れて彼は捕まりました。理由は未成年の監禁。両親には友達の家に泊まっていると伝えていたのにまさか警察に通報しているとは思いもしませんでした。彼に申し訳ないと言う気持ちでいっぱいになりました。 自宅に帰宅後、私は彼にメールをしました。「本当にごめんなさい。」「大丈夫だよ。落ち着いたら改めて会おうね。」優しい彼、私は本当に感謝をしています。両親もあれ以来私に口うるさくなくなりました。きっとまた家出をされたら困るからだと思います。 それからしばらくして、私は再び彼と会いました。「元気そうで何より。」「そっちもね。」私たちは互いの手を握り出かけました。 パパ活アプリ 愛人募集掲示板

 

 

 

 

2style.net