穂別とは

ホ別イチゴ 目が覚めると隣には穂別とは別にお小遣いが置いてありました。昨日一緒過ごした彼は、始発の電車に乗って帰ってしまいました。家庭がある人は大変だなと思いました。 私と彼は穂別の関係を1年間続けています。出会いは職場でした。忘年会の帰り道、お互い酔った勢いで関係をもってしまいました。最初は妻子がいる人と関係をもってしまったことに罪悪感がいっぱいでした。しかし、その関係が何度も続くとその罪悪感が麻痺してしまいました。彼は穂別とは別にお小遣いをくれるし、誕生日もプレゼントもくれるし、奥さんに財布を握られてないこともあって彼と関係をもてた事に良かったと思いました。 ところが、会社に彼の娘さんがやってきました。「パパに忘れ物を届けに来ました。」とても笑顔が可愛く、優しい娘さん。「お姉さん、パパがいつもお世話になっています。」礼儀も正しい。私は娘さんを見て再び罪悪感でいっぱいになりました。そしてその日の夜も彼とホテルに行きました。「娘さん可愛いね。」「可愛いだろう。あいつが結婚する日が来ると思うと今から寂しい気持ちになるよ。」それを言う彼の顔は父親の顔になっていました。少し寂しそうな表情をする私に気付きキスをして再び愛し合いました。 終わった後、彼は私に穂別とは別にお小遣いくれました。「もう、この関係やめようか。」「どうして急にそんなことを言うんだ。」「あなたの娘さんのせい。あんな可愛い娘さんがいるのに。」「そうだな。そろそろ関係を終わりにしない駄目だな。」こうして私たちの関係は終わりました。 人妻 性奴隷

 

 

 

 

2style.net