パパ活アプリ

独立するための資金を支援してくれる人をパパ活をして探す 私には昔から今も変わらず好きな人がいます。その人は隣に住むなお君です。なお君は私と小中高から幼馴染でした。だけど大学生になってからはお互い別々の大学に通うようになってからは会う回数も減ってしまいました。それでも好きという気持ちは変わりませんでした。ところが23歳になって、なお君は大学を卒業してすぐに結婚をしてしまいました。そのため隣の家にはなお君はいません。少し離れた所に奥さんと暮らしています。それを機に、私の気持ちも心の中に閉まっておこうと思いました。 それから5年が経ちました。私は結婚をしましたが、結婚生活がうまくいきませんでした。夫の借金を肩代わりしたせいで、お金に困っていた私はパパ活アプリも利用していました。パパ活アプリのお陰ですぐにパパが出来ました。パパは会社の社長。奥さんは海外に住んでいる事もあって私を社内に呼びました。その時に驚きました。会社のオフィスになお君の姿がありました。その時に彼がここで働いていることが知りました。なお君も私に気づきましたが社長がいるため知らないふりをしました。それから数時間後、なお君からメールが届きました。「お前、社長の愛人だと思わなかった。正直、幻滅したけど社長のことが羨ましいと思った。」なお君の意外な言葉に驚きました。それからは何かとなお君からメールが来るようになり、次第に私と2人で会いたいとメールが届きました。このメールは、ある意味なお君は私に好意を抱いていると思っていいのかなと思いました。 お金くれる人 パトロンが欲しい

 

 

 

 

2style.net