目次

1. 毛深い 原因とは一体何?
1-1. 遺伝・先天的
1-2. 後天的・外部要因
2. 毛深い体質を改善するには
3. ムダ毛のお手入れについて

毛深い 原因って何だろう?

毛深い 原因についてですが、大きく2つに分けられます。

一つ目は遺伝的な原因・先天的な原因。
二つ目は後天的な原因・外部要因によるもの。

以下に、その毛深い 原因となる要因と改善策について解説していきます。

毛深い 原因 1つ目〜遺伝的

まず遺伝的な原因について。
例えば、両親が元々毛深い体質であるためそれを受け継いでいる場合。
先天的な要素、つまり生まれついての原因であるため、これを未然に防ぐことはできません。

毛深い 原因 2つ目〜後天的・外部要因

●ホルモンバランスの乱れ
ホルモンのバランスが崩れる要因として挙げられるのが、
生理不順、避妊用のピルの服用、妊娠期間、ホルモン治療、対人関係などによるストレス、間違ったダイエット方法、など。

これらの影響により毛深くなる場合があります。

ストレスによって自律神経のバランスを崩し、その影響で女性ホルモンのバランスが崩れて毛深くなるケースや、女性の方で年齢を重ねるごとに徐々にホルモンバランスが変化し、男性ホルモンの影響が強まり毛深い体質になるケース等があるようです。

●紫外線
私達の体・皮膚に生えている毛は体を守る為にあります。紫外線は人体に有害なものとして知られていますが、その紫外線を受けることにより皮膚の自己防衛が働き体毛が濃くなることがあるようです。

夏場の薄着、肌の露出が高い服装の際には注意が必要です。

毛深い体質を改善するには

ここで毛深い 体質の改善策についてですが、自分で行える範囲のことであれば「ホルモンバランスを整える」が何よりも有効な改善策となります。毛深くなるかどうかには、特に女性ホルモン(エストロゲン)の影響に左右されます。上記の毛深い 原因となる要素を抑える・軽減する為には、食事に気を使う、生活リズムを整える、等が有効になります。

●バランスのよい食事を摂る
※大豆製品を多く摂る
大豆に多く含まれる成分「イソフラボン」には肌をきれいにしたり、ムダ毛を抑えたりする作用があるとされています。

●決まった時間に就寝・起床する
●ストレスを溜め込まない、ストレスを発散する場を設ける
●紫外線対策

ムダ毛のお手入れについて

毛深い 原因の改善策として、まず思い浮かぶのが永久脱毛ですが、部位によって金額がそれなりにかかります。それと一回の施術で終わるものではなく、一通りの脱毛処理が終わるまでには数ヶ月は要するでしょう。また、小さな子供や肌が弱い方などは、医師の判断によって脱毛自体受けられない場合があるかもしれません。

次にセルフケアで行う脱毛やムダ毛処理(カミソリや毛抜き等を使う方法)ですが、これらは定期的に行わなければなりませんし肌に負担がかかります。

セルフケアで何とか毛深い 原因を解消したいという方であれば、抑毛剤を使ったケアがおすすめです。抑毛剤には、毛の発育を抑える働きを持った成分が配合されており、脱毛クリームなどと比べ肌に負担がかからず、敏感肌の方でも安心してムダ毛を薄くすることができます。

抑毛剤によるケアは目に見える成果までの時間は少しかかりますが、一度ムダ毛を薄く目立たなくできれば、ムダ毛処理にかかる手間・悩みから解放される点を考えれば十分すぎるほどの見返りがあるといえます。

無料情報
毛深い悩みを解消する情報が満載。しかも無料で手に入ります。

■収録内容
○豆乳ローションは効果あるか?
○豆乳よりすごい●●エキス
○失敗しないレーザー脱毛の選び方
○ムダ毛に効く食べ物とは?

・・など、家庭で出来る方法の数々を掲載。

○大手化粧品メーカーの顧問薬剤師を歴任した化粧品開発のエキスパート監修。

興味のある方は下記のリンク先からどうぞ。
↓↓↓
2style.net