オナ電掲示板

 

オナ電アプリと同じ遊びをオナ友と無料でする方法があると聞く 彼女との出会いはあるオンラインゲームだった。 そのゲームは出会い系サイトみたいになっており、周りの人間はゲームそっちのけでオフパコを目論んでいた。 そのため、ゲームの掲示板は今でいうオナ電掲示板みたいになっていた。掲示板でゲーム内での待ち合わせる時間を打ち合わせて、そこで交流を深めてメッセンジャーツールのIDや電話番号を交換して、いずれはオフパコに持っていく、と言う流れだったようだ。 ちなみに僕自身は純粋なゲームのプレイヤーであり、ゲームもやらずに女性プレイヤーを口説きまくっている男性たちを苦々しく思っていたものだ。掲示板で話をつけてオナ電相手を見つけるオナ電掲示板と同じ流れである。 そこで僕は彼女と出会った。彼女とはゲームプレイを通じて懇意になり、いつの間にか決まった時間にゲーム内で待ち合わせる仲になった。仕事が終わって帰宅後にPCの電源をオンにすると、彼女はいつもゲーム内で僕を待っていてくれた。 彼女はそのゲームでは初心者であり、たまたま声をかけた僕以外には仲良くしているプレイヤーはいなかったようで、何かと頼りにしてくれた。女の子に頼られるのは悪い気はしない。プライベートでは全く出会いがなかった僕が、いつしか彼女に恋心を抱くようになったのは自然な成り行きだった。 その頃はまだ音声チャットは一般的ではなくて、彼女とのやり取りはテキストチャットが主体だった。電話番号を聞き出したいなとは思ったが、それをやるとゲームの枠を超えてそれこそ本当にオナ電掲示板になってしまう。あくまでもゲームキャラとしての彼女に惹かれているだけであって、プレイヤーは別物だと僕は自分に言い聞かせて、オフパコ目当ての男たちとは一線を引く努力はしていた。 だが、電話番号を提示してきたのは彼女の方からだった。「電話で話をしない?」と誘われたのだ。こちらからは誘えなくても向こうから誘われたのなら話は別だ。電話が自然の成り行きでオナ電になっても受け入れるべきだろう。そんなあらぬ思いも1ミリほど抱いて、僕は彼女に電話をした。 「もしもし」と電話口の向こうでは野太い声が聞こえてきた。 「親切にガイドしてくれたりアイテムくれたりして、一度直にお礼を言いたくてさ」と語っていたのは明らかに男性だった。 ちなみに僕もゲーム内では女性キャラを演じていた。後で笑い話になったが、彼も僕のことを好きになって口説こうとしていたらしい。キャラとプレイヤーは別物なのである。 エロイプ掲示板 テレフォンセックスの募集

 

 

 

2style.net