助けてくれる人募集

 

お金助けてくれる人 彼氏の雄大がいなければ私は生きていけないと思っていました。もともと親には虐待されていて、学校生活でもいじめにあって生きている意味が分からなくなっていた私。そんな時、隣に住む私より5歳年上の男性、雄大だけがすごく優しかった。困っていることは全部助けてくれるし、私が不良の人と絡んでいると注意してくれる。そして、私のことを好きと言って初めて付き合った男性も雄大でした。 だけど、私が22歳の時に雄大は逮捕されました。その理由は薬物。私に隠れて薬物を利用していました。私は一人ぼっちになりました。そこで出会い系を利用して助けてくれる人募集しました。私を守ってくれる人。いつも一緒にいてくれる人。優しくしてくれる人。そんな助けてくれる人募集しました。 そして、すぐにその相手は見つかりました。年齢は私より10歳年上。雄大よりも年上だけど、私より若い人よりは安心感を感じる。そして、連絡のやり取りをして数日後に男性と会いました。見た目は普通。雄大の方がかっこいい。だけど一緒にいると一人ではないという安心感をくれる。すぐに体の関係にもなってしまいましたがそれでも構わない。1人が寂しいから。でも、寂しさは埋められても他は全て雄大の方が良かった。やはり私は雄大が好きなんだなと改めて思いました。 そして、雄大が数日後に戻ってくる時に手紙が届きました。その内容が「迎えに来ないで欲しい。君は俺がいない方がいい。」と言う内容でした。ショックでした。 パトロンの意味 リモートパパ活

 

 

 

2style.net