電マ

クンニしてほしい主婦の私が舐め犬募集で見つけたクリ舐めの達人 私より8歳年上の彼氏は30代後半ではありますが、若々しくてカッコイイところが自慢です。でもここ数年は夜の営みで元気が無くなってきてしまい、私はいつも中途半端なところまでしか快感を得ることができず、それが若干ストレスになっていました。でもそのような理由で彼氏と別れてしまうのは嫌だったので、出会い系でストレス発散をしてきました。 出会い系で知り合ったのは、20代後半で私と同年代の男性です。彼のほうはただ欲求不満だったみたいで、とにかくセックスができる女性を探していたみたい。大手銀行で働いているという彼は賢そうで、どんなセックスをするのか私もワクワクしてしまいます。ラブホに入ってまったりしていると、彼が早くセックスをしようと急かしてきます。ベッドに移動するとあっという間に着ていた服を脱がされてしまいました。すると私は突然不安が襲ってきて、なかなか濡れなくなってしまったのです。 すると彼がラブホに置いてあった電マを取り出し、私のマンコにあててきました。私は電マの強い刺激にびっくりしましたが、慣れてくると今までに感じたことのない快感です。クリトリスに電マをあてられると、すぐにイッてしまいました。彼に電マは初めてということを伝えると、先ほどよりも強い刺激を加えてきます。クリトリスに電マをあてられたまま、手マンをされたときには潮をふいてしまったほどです。私のマンコが十分に濡れたところで挿入されましたが、電マを使ったことが関係していたのか、いつもよりも強い快感が得られました。これからは彼氏にも電マを使ってもらおうかなと模索していますが、いきなり私がアダルトグッズを使いたいと言ったら浮気を疑われないか心配で、なかなか言い出せません。 ホ別苺 円光をしているJC

 

 

 

 

2style.net