円光をしているJC

JCと援助交際 そのサイトでは、円光をしているJCがいると言う噂が立っており、僕も実際に会ったと言う何人かから話を聞いた。 当たり前の話だが、彼女たちは表立ってJCと公開しているわけではなく、年齢は詐称している。ただし、書き込みの際にわかる人にはわかるように何らかのサインを送っているという話だった。 そのサインが何なのかは教えてもらえなかったが、明らかに不自然な書き込み内容はサインの可能性があるという話だった。 僕は、別にJCと円光をしたいわけではない。自分の範疇では、JCはまだ子供であるし、何よりもそんなリスクは背負いたくない。 ただし、円光をしているJCと言う存在には興味があった。僕の学生時代には考えられなかった存在だからだ。 その話を聞いて、注意深く円光相手募集の書き込みを見ていると、あっけなくサインの意味を理解できた。 縦読みやななめ読みで「じえいしい」と書かれているのだ。単純なからくりだ。 僕は、試しにその一人とコンタクトを取った。話のネタにはいいし、会うだけなら犯罪ではない。 本物のJCだと明らかになったら、お茶でもしてお小遣い渡してそれまでにしておこう。やはり子供相手はいろいろと怖い。 メッセージのやり取りだけでは、本物かどうかの判別はつかず、とりあえず会ってみる段取りを整えた。 そして、その翌日、待ち合わせ場所に現れたのは、シンプルなカジュアルコーデのフツーの女の子だった。 この、フツーと言うのが厄介で、見ようによっては中学生だし、一般企業のOLにも見える。 一応、この後、ホテルで事を致す流れではあるが、とりあえず、お茶を飲みながら話を聞いてみることにした。 彼女は、20歳のフリーターと言う事だった。当然ながら、自らJCと名乗るわけがないし、名乗らせてもいけない。これは円光をしているJCと付き合う最低限のマナーだろう。 縦読みの書き込みについても聞いてみたが、これは上手くはぐらかされた。 「信じるも信じないもおじさん次第じゃないのかな?」 ただ、僕の目の前で意地悪く笑っている彼女は、間違いなく女性の艶気を放っていた。 ノンケ喰い ゲイ

 

 

 

 

2style.net