デート援

援助してくれる人を探す際にしてはいけないNG行為を教わる デート援は月に1回くらい。月末に給料が入ってちょっと懐に余裕がある時に気楽に遊んでいます。 相場はだいたい5000円くらい。若い女の子が多くて、キャバクラにつぎ込むよりは断然デート援ですね。 某アイドルグループの握手会ってありますよね。僕の中では、それと似た感覚です。 もっとも、一緒に遊びに出かけられて、気持ち的にイチャイチャできるデート援の方がいいですよ。 女の子も本当にかわいい子もいます。かわいい子は割り切っている子が多くて、彼女になりきってくれます。 つまり「かわいい子がいい気分にさせてくれる」わけではなくて、「いい気分にさせてくれる子がかわいい」のですよ。 アイドルグループだって、傍から見ていて「何でこんな微妙な子が人気あるの?」と思わせる子がいますが、そんな子は言う人に言わせれば「神対応」なんだそうです。 デート援も一緒ですよ。神対応の子はルックスは微妙でも、またデートしたくなりますね。 ただ、確かに「塩対応」の子もいるんです。こっちはもっと恋人気分を味わいたいのに、ただ「付き合ってやってるだけ」感が全面に出ている子。 まあ、1時間から2時間くらいの付き合いですから、そんな子に当たってしまっても後悔するほどではないです。それに、最初は塩でも、話をしている内にちょっとずつ心を開いてくれるような子もいますからね。 ただし、デート援の女の子に恋をしたことはないです。確かにアイドルグループの「推しメン」みたいな感じで、ひいきにしている子はいます。その子とデートしていると本当に楽しいので、何度もリピートさせてもらっています。 でもね、彼女にしたいと言う気持ちは全くないんですよ。あくまでも、限られた時間の中で楽しむ関係がいいのであって、例えば一晩中一緒に過ごすなんてことがあると、きっと至らない面も出てくるでしょうしね。自分も彼女もボロが出ないという意味では、数時間くらいのデート援の関係が一番いいですね。 もちろん、僕にはリアル彼女はいません。デート援で「彼女ゲーム」を満喫している今が一番楽しいからです。 ワリキリ 援デリ

 

 

 

 

2style.net