隕 石




ホカゲ「隕石が落ちた」



と、ホカゲは会議室のドアを開くなり、そう言った。

本日、数十分は遅刻をしたホカゲの到着だった。

「は?」

彼の素っとん狂な発言には慣れている一同だったが、

リーダーも、幹部も、団員も。みんな揃って聞き返した。


まずはホカゲの話を聞き、簡潔にまとめる事から始まった。


ホムラ「…つまり、ハジツゲタウン近郊に隕石の落下が確認されたという事か」

宇宙創造にまで遡る話だったが、ホムラが素晴らしい要約をした。

ホカゲ「うん、短くまとめるとそうなるな」

マツブサ「その隕石の情報が本当なら、是非サンプルとして採取したいものだね」

バンナイ「マツブサさん、そんなお気楽な事でいいんですか?」

マツブサの隣で、机の上に頬杖をついて聞いていたバンナイは小首を傾げた。

ホムラ「その通りだ、すぐに調査隊を編成しハジツゲへ向かわせる」

ホムラのその一言にタイミングをあわせ、彼の側付の有能な団員の一人が

任務執行のための書類を、さっと前へ差し出した。

ホムラは黒いインクの万年筆を取り出し、あっという間にその書類を書き上げると、

下部にサインをし、大きな朱印の判子をドンと押した。

そのドンの振動が響いたようで、団員は小さく跳ね上がった。

一連の作業を、リーダーともあろうマツブサはただ単にポケ〜っと見つめていた。

その隣では、やはり机に頬杖をついたバンナイが、やれやれと呆れた顔をした。

ホムラ「では、細かい指示はお前に任せる。準備が出来次第、出発しろ」

団員「了解です」

通常なら、こうして任務が発生する。

完成した書類は今、ホムラの手から団員へと渡されようとしていた。

まさに受け取ろうとした時、横から別の手がすっと伸びてきて書類を奪い取った。


ホカゲ「隕石の調査にはオレが行くっ!!」


真剣度100パーセントの顔をしたホカゲが、力強く叫んだ。

ホカゲの手には、任務の書類が握り締められていた。

ホムラ「おい、てめぇ書類を返せ」

ホムラが睨むと、ホカゲは手に掴んだ書類を背中へ回し、

団服マントの裏側に隠し込んだ。

ホカゲ「落ちたてホヤホヤの隕石が拝みてぇんだよ。なぁホムラ、いいだろ!」

ホムラ「こんな任務、わざわざ幹部が同行する必要はない」

ホムラは怪訝そうに顔をしかめた。

しかし、今日のホカゲは引き下がらなかった。


ホカゲ「ふっ、幹部たるもの、マグマ団員たちに手本を見せねばならぬまい」

ホムラ「…」

マツブサ「狽ネ、ならぬまい」

バンナイ「な、ならぬまい??」

ホカゲ「きみたち、マグマ団の活動において隕石は重要なキーアイテムなんだろう」

ホムラ「…」

マツブサ「買Lキキ、キーアイテムなんだろう」

バンナイ「まじでか」

ホカゲ「そこでホムラ君、どうだろう。隕石採取に行かせては く れ な い か」

ホムラ「…」

ホカゲの瞳から発せられる輝きに、ホムラは思わず目をそらした。

マツブサ「ホ、ホムラ君。ホカゲ君もあそこまで言ってるし任せてあげては」

マツブサが二人の間に入り、オロオロと意見を述べた。

しかしホムラは無視だった。

バンナイ「たかが隕石ひとつでそこまで興奮できるなんて、素晴らしいです」

バンナイは馬鹿にしたような笑顔でホカゲに向かって拍手を送った。

"たかが"の部分が若干気になったが、ホカゲはうんうんと頷いた。

バンナイ「あんたこのまま留守番たって、隕石の事が気になって仕事どころじゃねぇよな」

ホカゲ「うん。仕事できねぇ」

ホカゲは素直な気持ちを答えた。


ホムラ「勝手にすればいい」


ホカゲの粘りに負けたホムラは、面白くなさそうにつっぱねた。

OKを貰えたホカゲは、嬉しそうにホムラに駆け寄るとその肩をポンポン叩いた。

ホカゲ「ありがとな、しばらくはハジツゲ泊まりだから別れが寂しいな!」

ホムラ「寂しくなどない」

ホカゲ「帰ってきたら、また一緒に風呂行こうじゃねぇかホムラ君」

ホムラ「お前の長っ風呂に付き合わされずに済むのだから、物は考えようだ」

ホカゲ「オレが恋しくなったら、夜の愛情電話くらいは受け付けてやるぜ…」

ホムラ「ヘリを飛ばす準備をしろ、風は無いから回り込めば火山灰も平気だろう」

団員「は、はい」

ホカゲ「買Vカトだし」

マツブサ「ホカゲ君!!」

ホカゲ「狽ネんだー!!」

マツブサ「ハジツゲは火山灰が本当に凄いんだよ。マスクを持っていくんだよ!!」

ホカゲ「買Iレ、ハジツゲだいぶ行った事あるし」

バンナイ「そうそう、ホカゲさん」

ホカゲ「なになに、バンナイ君」

バンナイ「またパッチールに襲われたら、死んだふりしろよ」

ホカゲ「狽ィまえ、過去のトラウマをほじくり返すな」


ホムラ「ではホカゲ、出発の前に一旦こちらへ顔を出せよ」

マツブサ「心配だから」

バンナイ「ホカゲさん、ついでにパッチール捕まえてこいよ」


ホカゲ「じゃあな、準備してくる。 あ、パッチールは心底無理だから」


ひとまず任務に向かうための調節で、ホカゲは会議室を出た。

かなり気合いが入っていたようで、ドアを勢いよく閉めたあとも廊下を走って去った。

マツブサ「あれは若さ故の情熱なのかなぁ。あ、僕もとても若いですけど」

マツブサがポツリとつぶやいた。


静寂。


ホムラ「最近、ハジツゲでは隕石のビジネスとやらが流行っているそうだな」


バンナイ「は?また隕石かよ、何ですかそれ」

マツブサ「昔からハジツゲ周辺は、不思議とよく隕石が見つかるんだよ」

バンナイ「じゃあそこらに落ちてる隕石で、勝手に商売を始めたってワケですか?」

ホムラ「火山灰ばかりで、何も無い土地だからな。住民連中は面白くないんだろう」

マツブサ「えんとつ山の火山灰は全て、山の北側ハジツゲ方面へ降るからね」

バンナイ「へぇ。年がら年中、罰ゲームみたいな土地ですねハジツゲタウン」

ホムラ「ハジツゲは、特にフエンを目の敵にしてるらしいが、これも本当か?」

マツブサ「柏フからそうらしいよ。フエンには温泉もありますし、空気もすこぶる綺麗ですからね」

バンナイ「そうですね。フエンで火山灰だなんて見た事ありません」

マツブサ「ハジツゲも良い町なんだけどちょっと幸が薄いというか…可哀想だよね」

バンナイ「そりゃあ、ハジツゲ側にとっちゃ隕石で商売くらいしてやりたくなりますよ」

マツブサ「そういえば最近、ハジツゲ町長さんが隕石に詳しい学者先生を呼んだらしいね。ソラマメだかエダマメ」

ホムラ「ソラマメに、エダマメとは何だ」

バンナイ「ソラマメと、エダマメって何ですか?メンデル系ですか」

マツブサ「隕石の研究をしてる人で、物質を細かく分析してデータにしてるそうです」

ホムラ「そうか」

バンナイ「そうなんだ」


ホカゲ「泊S然違ぇぇぇぇぇ!そいつは、ソライシ博士って言うんだ!!」


ハジツゲ談話に花を咲かせていると、

隕石調査任務の準備を終えたホカゲが現れた。

とにかく、大荷物だった。

ホムラ「何故、そうなる」

マツブサ「ご苦労さまです」

バンナイ「お菓子がはみ出てますよ、いい加減にしろ」

ホカゲ「いよいよだぜー!これより現地へ向かうので後のことは宜しくな」

ホムラ「…」

マツブサ「ヘ、ヘリに乗るときは必ずパラシュートをつけるんですよ!!」

バンナイ「早くいけよ、ハジツゲのマメイシ先生に大事な隕石パクられちまうぜ」

ホカゲ「ソライシ!おう、それじゃあな!隕石丸ごとGETだぜー!」

ホカゲが拳を突き上げ、エイ・エイ・オーとやってみせると、

突然、ホムラがそれを静止して言った。

ホムラ「待て。ホカゲ、たった今この計画は中止にした」

ホカゲ「えぇ!?」

マツブサ「ホムラ君、一体どういうことですか」

バンナイ「何か悪知恵でも働らかせたんですか」

ホカゲ「ホムラ、そんな冗談はよせよ」

ホムラ「冗談ではない。…正しくは、延期だな。」

ホムラ「何だと!」


ホムラ「お前ら、考えてもみろ。隕石の専門学者がいるんだぜ。

今日の隕石は一度、そのソライシとやらに預けてやろうじゃねぇか。

しばらくして分析結果が出た頃、奴のもとをたずねて、俺達への協力を要請する。

了承すればこれに越したことは無い。だがもし拒否を示した場合は、

隕石とその研究データを、そっくりそのままこちらで頂いてしまおうというわけだ」


マツブサもバンナイも、ああそうかと頷いた。

マツブサ「ホムラ君は抜け目が無いね」

バンナイ「あんた悪い奴ですね」

ホカゲだけは、納得できない様子でホムラを見つめていたのだが、

やがて諦めると、代わりにひとつだけ条件を出した。

ホカゲ「じゃあせめてハジツゲまで、隕石見物に行かせてくれよ」


さすがにホムラも誰も、止めはしなかった。





おわり











2style.net