停 電




夕方 、突然 雷が鳴った。


ポツポツと雨粒が降り始めたかと思いきや、直後 激しい大雨になった。

蒸し暑かった気温はぐっと下がり、あたりも急に暗くなった。

窓の外が激しく光った。

バーンッ と大きな音がすると、部屋の電気が消えた。


ホムラ「停電か」

珍しい出来事だった。


トントン

停電してすぐにノックの音がした。


団員「 ご、ご休憩中のところを失礼致します ご報告です

ホムラ「構わねぇ。入れ」

返事をすると、団員が恐る恐る入ってきた。


団員「たたたった今、本部内で停電が起こりましたが速やかに復旧させますゆえ・・

報告する団員は足が震えていた。が、ホムラは気にも留めなかった。

ホムラ「どっかへ落ちりゃいいと思ったが、マジに落ちるとはなぁ」

ホムラは笑った。

団員は手まで震え始めたが、もちろんホムラは気にも留めなかった。

団員「いやもうほんと自分の頭上に落雷すればよかったんです」

ホムラ「まったくだな。復旧のメドはたってるのか」

団員「これより自分は頭上にアンテナタワーを設置し余生を過ごそうと思います」

ホムラ「何の話だ。おい、何故 泣く」

団員は膝をついてさめざめと泣き始めた。団員的に今日は辛抱した方だった。


ホムラ「この建物、避雷針はあるのだがな。それ以前に停電が起きた場合、予備電力でしばらくは回るはずだっただろう」

ホムラは、消えたまま照明を見上げた。

ホムラ「…まさかお前ら、管理を怠けてたってワケじゃねぇよな」

天井を見上げるホムラの眉間にバリッと縦ジワが寄っていた。

それを見た団員は凍りついた。

ホムラ「この停電してる毎秒ごとに、うちは幾ら損失してんのか。そう考えると実に不愉快じゃねぇか なぁ?」

ホムラのコメカミにバキッと青筋が浮かび上がった。

団員は田舎に残してきた自分の母親の顔を思い出していた。

ホムラ「お前 いつまでボサッと突っ立ってんだ。もう行っていいぞ」

今日はあっさりと解放された団員は、逆に物足りなさを覚えたが

ホムラの気が変わらない今の内にと すみやかに退室した。


ホムラ「ところで一番はしゃぎそうな奴がいねぇ。 ホカゲの野郎はまたサボりか」





【その頃のホカゲ】


ホカゲ「いや停電なんてまじビックリなんですけど」


近所のおじさん「停電中に一番風呂入ってるなんて珍しい体験だぁね」

ホカゲ「おっさん、今日オレに牛乳おごれよ」

近所のおじさん「ホカゲちゃん、おやっさんの一ヶ月のお小遣い幾らだと思ってんの」

ホカゲ「う○い棒1000本とみた」

近所のおじさん「漢は黙って500本よ。あ 、ここの足して501本ね」

ホカゲ「裸の付き合いに、セクハラよくない」

近所のおじさん「ヘソクリしても何故だか隠した瞬間に嫁の懐へワープする仕組みで 501本目はもっぱら下降気味よ」

ホカゲ「ショックだ。オレ一生ケッコンしたくねぇ・・」





【停電から約10分経過】


ホムラ「長ぇ」

ホムラ的に限界だった。

ああ うちの組織ってのァ、たかが停電にも対応できねぇのか。

ホカゲの奴は、暇な時にはそこら辺に転がってるくせに肝心な時にバックレか。

マツブサの奴は、どうせ役に立たねぇ。道中遭遇しても はなから無視だな。

ホムラは、真っ暗な廊下でドーンと仁王立ちで考えた。

俺が管理室に行くか。

俺は機械はわからねぇがこういった場合は意外と叩けば直るものだという。

ホムラは不敵に笑うと、懐中電灯を片手に行動開始した。


マグマ団壊滅の危機であった。




【その頃のマツブサ】


マツブサ「乾パンを、確かに防災グッズと一緒にここに置いておいたのだよ」


団員「マツブサさま、停電とはいえ青い団体の工作やもしれません。安全が確保されるまでお部屋を移動されてはいかがでしょうか」

マツブサ「いやでも乾パンがね、他のインスタント食品はあるのに乾パンがないの」

団員「…恐れながら申し上げます」

マツブサ「何 申してみよ!」

団員「ははーっ 上司ですけどきっとお菓子に目が無いあのひとが…」

マツブサ「えぇ つまり僕の部下でお菓子に目が無いあのこが…」

団員「マツブサさんのおやつの隠し場所なんてみんなお見通しの…」

マツブサ「あぁあぁ☆って ホカゲくーーーーーん!!!!」

団員「マツブサさんリーダーなんですからもっといろいろ上手く隠して下さい…」

マツブサ「だって彼ハンター!くっ、」




【停電から約15分経過】


  マツブサ「じゃあ誰か、じゃあ誰か、絶対非常食の乾パン買ってくるべきだ」

  団員「ですからマツブサさま、まずは安全な場所へ移動を」


ホムラ「話にならねぇ阿呆どもめ」

マツブサの部屋でマツブサと団員数人がコントを繰り広げている気がした。

無駄に介入して足止めされてはとても面倒なのでホムラは素通りした。

組織の被害状況よりてめぇの非常食の心配たァ 泣ける話だな

さりげなくにぎられたホムラの拳に極太の血管が浮き出て見えた。




マグマ団の建物内部はとても複雑で、まさにハイテクノロジーの集結。

セキュリティにも一応配慮しているので、階級による移動制限がある。

ホムラたち幹部やリーダーの私室フロアは、建物の上層部。

一般団員や部外者を排除したその上層部へ上がるためには

厳しく監視された唯一の専用エレベータへと乗り込む必要があるのだ。

勿論、下る手段も同様である。やたら面倒臭いと幹部からの苦情はある。


だが、下っ端との優越感に浸れる豪華仕様なエレベータなため、

まさにマグマ団のTOPbox。 ホムラ談

マグマ団のVIPbox。 マツブサ談

ワールドオブザマグマbox。 ホカゲ談

と、各要人なかなかの気に入り様。


ホムラ「…のハズだがな。この停電のせいで ざまァねぇ」


やはり唯一の移動手段、上層部専用エレベータは停止していて、

数名の団員たちが必死で復旧作業をしていた。

その団員たちは突如 背後からのプレッシャーを感じて、

恐る恐る暗い廊下を振り返った。

そこに無言で立つホムラの姿を見つけると、

真っ青になり地面にひれ伏した。


団員「たたたたった今、本部内で停電が起こりましてエレベータ速やかに復旧させますゆえ・・

ホムラ「この俺に、まさかの非常階段使えってことだな」

団員「ほんとすいません。自分たちをこのエレベータと一緒に奈落の底へ突き落として下さい」

ホムラ「何の話だ。まて、直してから落ちろ」

哀れな団員たちは胃がキリキリ痛みだした。


ホムラ「地面に頭くっつけてねぇで仕事しろ。では先を急ぐのでな」

今日は簡単に許してもらえた団員は、ぽかんと開いた口が塞がらなかったが

ホムラの気が変わらない今の内にと 再び作業に戻った。




一方ホムラは、階段に到着した。

かったるいとタメ息が出そうだったが、腕時計の秒針の音が1円2円と聞こえた。

無言で階段を降りはじめた。

上の方で、いまだに乾パンがどうたらこうたら言う声が聞こえた。




下層部の階段の番をしていた団員2人は何だか寒気がした。

ホムラ「お前ら、当たり前だが持ち場を離れるな」

背後からホムラの声が聞こえた。気が遠くなりそうだった。

ホムラは硬直する2人の間を通り抜けると足を止め、振り返った。


ホムラ「庶民用のエレベータは動くか」

団員「ス・・ ス ベ テ 工 事 中 デ ス」

チッ  ホムラの舌打ちが響いた。

団員達は暗い廊下が黄泉の国の入り口かと思った。

団員「ホ ン ト ス イ マ セ ン」

団員「死 ヌ マ デ 立 ッ テ マ ス」

ホムラ「何の話だ。 だが、いい心掛けだ」

初めて褒めて貰ったような錯覚をおこして、団員2人は黄泉の淵から舞い戻った。

2人はうっかり、走り去るホムラの首筋の汗になって滴り落ちたいと思ったりした。

しばらくして正気に戻り、とんでもねぇ!と極限状態の思想にツッコんだ。




下層部では、大勢の赤い団服姿の団員達が復旧作業で溢れ返っていた。

しかし中には私服や部屋着姿、眠そうなパジャマ姿の団員もいた。

本来ならまだ快適な睡眠の中にいるはずの遅番組まで総動員だった。

彼らは、接近してくるホムラを発見すると悲鳴を上げながら道をあけた。

停電の次はハリケーンか。

ハリケーンは二次災害も凄まじかった。

押され潰され揉みくちゃになりながらも道をあけた団員同士で喧嘩が勃発した。

日ごろのストレス爆発か、睡眠不足だか巻き添えかは分からないが騒いでいた。

ホムラが引き返して来るまでは。

団員たちは、またもや悲鳴を上げながら道をあけた。一度目よりも更に悲惨だった。

ホムラ「てめぇら喧嘩ならヨソでやれ。低俗な野郎はうちにはいらねぇ」

団員たちはぶるぶるぶるぶる震えていた。

ホムラは首を傾げた。

ホムラ「なあお前ら、この俺を死にそうなくらいの笑顔で送り出せよ」

即、団員達は力一杯の万歳をしながら、精一杯の悲痛な笑顔でホムラを送り出した。

団員『ホムラさーん 万歳!万歳!万歳!いってらっしゃいませー!』

ホムラは笑った。

団員たちは冷や汗をダラダラ流した。

ホムラの影すらもこの場所から消えるまでひたすら怯え耐えた。

嗚呼、嵐は去った。みんな心から喜びを噛み締めた。

もはや喧嘩する気力も失せ、団員達は手と手を取り合ってスキップしながら作業に戻った。




【停電から約30分経過】


ホムラは階段を下りていた。

まだ電気が復旧しない所を見ると、相当手間どっているに違いない。

いまだホカゲが出たっきりなんだろうと思った。

ホカゲ? ああそういえば、と つい先日の怪談話(A話参照) を思い出した。


 『階段あんじゃん。階段に噂あんじゃん。

 マジお前ら知んねーの??

 本部の北階段、あんま使う団員いねーだろ。

 実は、あの4階な。

 … … …。』


北階段。ホムラは足を止めた。

そのまま無言で壁にある数字を見た。

ホムラ「 よん」

上がりか、下りか、いやくだらねぇ。

そもそも時間があうワケ…

ホムラ「 59分」

時計馬鹿野郎。

ホムラは目を擦った。気を取り直して、

ホムラ「 59分」

文字盤にチョップ。

ホムラはとり合えず60数えて、また見た。

ホムラ「 59分」

時計止まりやがった。

何だか今日はてんこもりだった。

ホムラは暗い階段を見下ろした。

いち、に、、、、、、、、、、、、?!

さて。よく分からないので、数えながら降りることにするか。

ホムラ「いち に …」

おりる

ホムラ「… はち きゅう」

あれ

ホムラ「… じゅう に」

まじかよ


ホムラ「じゅう・・ さん」


『今、凄くネガティブだ。誰にも見られたくねぇ。』

ホムラは幻という13段目の上で呆然と立ち尽くしていた。

ホムラ「停電クソだろ。マグマ団なんかなくなっちまえ朝日とともに燃えて灰と化せばいい」


コツ


その時、微かにだが音がした。

コツ コツ

足音? のようだった。

なんだ、なんか出るのか!?そこまで聞いてねぇぞ。

ホムラは真顔で冷静に身構えた。なんとも珍妙な光景だった。

コツ コツ ・・

こちらに向かって近づいてくる。いやまて、階段を下りてきてるのか!?

コツ 。

突然、足音がしなくなった。

ホムラ「…」

ホムラは考えた…こういった場合、

どこかの隙間から見てるとか、振り返った背後に顔があるとかが お約束だな。

オトコ・ホムラはバッと背後を振り返ったが、特に変わったものはなかった。

続いて壁に血のサインが滲み出てるか確認したがピカピカに磨かれたただの壁だった。

茶番だな。ホムラは拍子抜けして、構えをといた    時、

ホムラ「…」

階段の上から、青白い顔の男がこちらをじっと見つめていた。







「こんばんは」


男が静かに挨拶をしてきた。


だいぶ細い男。その手にはロウソクが灯っていた。

「そっち行ってもいいですか」

開いた口が閉じれなかったホムラは、そのまま首を縦にコクリと振った。

振りたくなかったが振った。構わない、来るなら来い。

男は、ゆっくりと手すりを伝いながら降りてきた。

傍へ来ると、ホムラの顔を見上げて微笑んだ。

「俺、あんたにずっと会いたかった」

ホムラはゲッと思った。まだこの男を疑っていた。そのつまり、【U零】じゃないかと。

ロウソクのぼんやりとした灯りが、男が端麗な顔立ちと分からせる。

ホムラは何となく、その顔に見覚えがあった。

ホムラ「俺たち、どこかで会ったか」

その言葉に、男は微笑んだ。

「あるよ。」

ホムラは怪訝そうに男を眺めた。


「わすれた?この俺様の顔を殴った…     てんめぇホムラァァァ!!!!!」


男はいきなり声を張り上げ、目を見開いた。

ホムラは素直にビックリした。

ホムラ「何の話だ。まて、記憶にない」

プチッ という音がした。


バンナイ「バン ナイ だっ!」

自分の顔を指差して、男は怒鳴った。


バンナイ「俺の名前はバンナイ。1ヶ月前、あんたに頬ブン殴られて死ぬかと思ったんだよ、全く覚えてねぇとは何て奴だ!」

ホムラ「1ヶ月前?」

ホムラは脳内の書庫の扉を開いた。1ヶ月前の出来事をひっぱり出してみた。

ホムラ「ああ、あるな。この俺にたてつくエテ公に教育してやった記憶がある」

バンナイ「エテ!?え、俺サル・・って、この顔でサル?」

ホムラ「それがお前か?」

バンナイ「そ、そうなのか? しかしあんた初めてだ、俺のこの顔忘れるなんて」

バンナイと名乗った男は、頬に手を当てタメ息をついた。

ホムラ「謹慎中の身でこの俺の前に現れるとはいい度胸だな」

バンナイ「べら棒な謹慎処分な。マツブサさんにといて貰ったぜ」

マツブサあん畜生。

ホムラ「謹慎解けて良かったじゃねぇか。せいぜい目立ねぇようにしろよ」

バンナイ「フン。でも残念だっだよ。俺はあんた自身が解いてくれるのをずっと待ってたんだけど」

そう言うとバンナイは、すっ とホムラの肩に腕を回した。

ホムラ「何のつもりだ」

気安く触れられ、ホムラは眉を吊り上げた。

バンナイ「いや、ね。俺、あんたのこと気に入っちまったんだよ?力貸してやるって言ってんの」


顔を近づけてきて、小さく囁いた。


「ね?」


と、同時にホムラの拳が彼の腹部にめり込んだ。

一瞬、バンナイの全器官が停止した。


バンナイ「え やだ めり込んでますよ」

ホムラ「お前は口の利き方知らねぇのか」

バンナイは、グフッと咳き込みながらささやかに訴えた。

バンナイ「あの 待って あんたの手が俺の腹にめり込んでまーすよ」

ホムラ「ヨソでは違うかもしれないが、うちじゃ新入りはもっぱら雑用係だ」

バンナイ「聞いちゃねーよ。痛ぇー お前、お、俺の体にまた傷を・・」

ダメージによろめいてクラクラしているバンナイを捕まえると、

今度はホムラが真正面から顔を近づけた。

ホムラ「お前はマグマ団で何がしたいんだ?顔洗って出直して来い」

ホムラは、バンナイの手元でユラユラ危なっかしく燃えるロウソクを取り上げると、

彼の顔にも吹き当たるようワザと強く炎を吹き消して、ニッと笑ってみせた。

完全に格下の扱いをされたバンナイは、悔しそうに睨み返してきた。

バンナイ「お、 おのれぇ 覚えてろ…後悔させてや・・ ゴフッ」

北階段4階の階段、幻の13段目にバンナイは腹を抱えて倒れこんだ。


ホムラ「一分後に幻の13段目と共に消えちまえ」


「迷信」

バンナイが小さく何かつぶやいた。

バンナイ「な に言ってやがる この階段は もともと 13段だろが…」


ホムラ「…。」


事実らしかった。




【管理室】


団員達は、ついに現れたホムラを見るとバタバタと駆け寄り

用意した小さいクス球を割って『ホムラさん歓迎』というメッセージを出した。

ホムラはそれを取り上げて部屋の隅へ投げ捨てた。

団員たちは土下座して謝った。


団員「たたたたった今、本部内で停電が起こりまして我々が速やかに復旧させますゆえ・・

ホムラ「たった今だァ?30分は経過してると思ったが俺の勘違いか?」

団員「ほんとすいませんホムラさん苺ケーキ食べませんか、焼きたて・・ グフッ」

ホムラ「何の話だ。おい、お前らずっとこんなくだらねぇ小道具作ってたんじゃねぇだろうな」

顔面ケーキ団員はモガモガ喋った。

団員「は、はい復旧作業はまもなく全て完了します ので、ホムラさんは どうぞおくつろぎを・・

それを聞いたホムラは、バーンッと壁を殴った。

ホムラ「この状況下では、無理だ」

団員達は魂が飛び出そうになった。

直ります、必ず!あなたさえコンピューターに触らなければ!!

団員達は、ホムラを機械室へ入れるまいと、捨て身覚悟でしがみつき引き止めた。


団員「ただ今、復旧作業すべて完了いたしました 死ぬかと思いました」


待ちに待った、天からの伝達が届いた。

団員「ま、間に合ったーっ!」

床へ崩れ落ちた団員一同は、涙を流して喜んだ。

ホムラだけは実につまらなそうな顔をしていた。

ホムラ「本当に直ったのか?やはり俺が一度見よう」

歓喜から一転、団員たちは一瞬にして青ざめた。

苦し紛れの団員が一人、決死の嘘をついた。

団員「ホ、ホカゲさんが帰っていらっしゃいますのであとはそちらで見てもらいます」

ホムラ「何?そうか、良かった。では俺は帰るとしよう… エレベーターでな」

ホムラは笑った。

団員たちは骨の髄まで凍りついた。

幾多の団員の苦労の末、こうしてマグマ団壊滅の危機はめでたく先送りとなった。





おわり











2style.net