ひきこもり

師友塾「チューリップの館」

淡路島にある師友塾「チューリップの館」は、不登校やひきこもりをしている、中学校や高校生を対象とした全寮制学舎だそうです。
兵庫県淡路島は、美しい山や川、海浜など自然の豊な土地だそうです。
そんな素晴らしい環境のこの島に、不登校や引きこもりで悩んでいる若者を救うための学舎をつくったそうです。
そんな素晴らしい環境の中で、衰えた心と体をいやします。本当の自分においおい気づくことで、元気を取り戻していきます。学校と人間関係

師友塾とは、学校や社会の中ではうまく生きていくことができず、不登校やひきこもりに陥ってしまった、若者たちの心を救ってきたそうです。
師友塾では、若者たちを学校や社会に強引に順応させようとするのではなくて、心の中に眠っている自らの意志を呼び覚いきます。
一人の人間として、どのようにして生きるかということを、彼ら自身だけで探求できるようにサポートします。

師友塾「チューリップの館」では、「ガーデニング」、「農作業」、「創作活動」を通して元気回復を目指します。

「ガーデニング」で、美しい草花を育てることで、疲れてしまった心を救済します。
「農作業」では、米やとうもろこします。サツマイモなどを地元の人たちと育てて、食づくりを体験します。
「創作活動」では、絵画や陶芸、木工細工、楽器演奏や演劇などの表現活動も行ないますね。国語や数学といった基礎的な学習も行ないますね。

毎日仲間と一緒に生活します。自然の中できれいな空気と水、美しい植物に囲まれて過ごすことで、心が落ち着きを取り戻します。新たな一歩を踏み出すエネルギーも湧いてくるはずだそうです。

師友塾「チューリップの館」関連エントリー


2style.net