3段ティアードスカート
[1] [2]

5.2段目と3段目を合わせる
 まず、2段目の布の上下と、3段目の布の上を8等分し、チャコペン等で印を付けておきます。 印を付ける場所ですが、裏でも表でも、どちらにしろ縫いしろになって、仕上がった時には見えないのでどちらでも良いと思います。
 図では布の継ぎ目などを気にせず適当に8等分していますが、見栄えをより綺麗にするためには、考えて8等分します。 と言ってもギャザーが寄るので、継ぎ目はほとんど分からなくなると思います。
 次に2段目の下と、3段目の上の印どうしを、それぞれ合わせて、まち針で留めます。

 まち針で留めたら、ギャザーを寄せます。こうすることで、均等で綺麗なギャザーを寄せることが出来ます。 図ではグレーの色のところが、2段目の布を表しています。難しい図だったので分かりにくくなりました(汗

・ギャザーが寄せ終わったら、図の赤線のところを縫います。ちなみに、ギャザー用ミシン2本の、間です。
・縫い終わったら、片方のギャザー用ミシンは表から見えているかと思いますので、ほどいておきます。
・今縫ったところの縫いしろは、ジグザグミシンで端の処理をします。

 一旦表に返します。縫いしろを上側に倒し、布の境目から上、2mmくらいのところをステッチします(縫います)

6.1段目と2段目を合わせる
作業の内容は、2段目と3段目を合わせたときと同じと言って良いです。ので図は省きます。

1.1段目の下を8等分し、印を付ける。
2.1段目の下の印と、2段目の上の印をそれぞれ合わせ、まち針で留める。
3.ギャザーを寄せて、縫います。端にジグザグミシンをかけたあと、ギャザー用ミシンをほどきます。
4.表に返してステッチをします。

7.ゴムを通す
基本的にゴムの長さは、ウエスト×0.7〜0.8くらいを目安にするようです。
標準で言うと、ゴムの長さは大体50cmくらいが良いと思います。
ただ、ゴムの太さによっても具合は変わりますから、適等な感じに対応してください。
勿論ですが、2本、通します。
ちなみにゴム通しが無いとき、ヘアピンをゴムに刺して、それで代用することも出来ます。
また、反対側には大きめの安全ピンをつけておくと、引っ張りすぎてゴムが布の中に入ってしまってやり直し… という事故(?)を未然に防げます。すごくオススメです。

8.完成
 これはパニエを着用しているのでイメージは多少異なりますが、大体こんな作品に仕上がります。
 今回、レースは一番下の段だけに付けたのですが、全ての段に付けても可愛いと思います。 ていうか確実に可愛いです。そして材料費が確実にかさみます(笑
 何か、参考にして頂ければ幸いです。最後までお読み頂きありがとうございます。

■BACK■
2style.net