パニエ作成 [1ページ目]


 ふわふわして、フリルが沢山なスカートは、それだけで穿いても十分に可愛いけれど、 パニエで膨らませてあげれば、もっと可愛さが引き立つというもの。
 でも、やりすぎは禁物なので、注意が必要だと思います。 たっぷり布を使ってないスカートに、 ボリュームのありすぎるパニエを合わせると…とても悲惨です。
 自由に、スカートやトップスに合ったパニエを作れる。手作りの魅力の一つだと思います。


0.材料
100cm幅くらいの布 …… 100cmくらい (素材はブロードなど)
ハードチュール …… 100cmくらい
※ソフトチュールを使う場合、こんな少しでは駄目です。具体的にどれほど必要かは分かりませんが、 倍くらいは必要な気がします。


1.裁断
 まず、ブロードなどの土台になる布を上の図のように裁断します。 布幅×18cm,30cm,30cm,4cmの布です。 土台の布は、ハードチュールが肌に触れないためには重要です。

 次に、ハードチュールを上の図のように裁断します。15cmの長さの布を、6枚。


2.土台の準備
 ハードチュールを縫う作業は何かと大変なので、 まずは楽な土台の布から縫うのが好きです。嫌いなことは後回しにするタイプ……。

 18cmの長さの布を、後でゴムを通す部分だけは縫わないようにしながら、輪にします。 両方の縫いしろ(?)にジグザグミシンをかけ、割ります。 (縫いしろを両側に倒すこと。)
 上から1cmの所で折り、更にそこから3cmの所でもう一回折り、折りしろぎりぎりを縫います。 三つ折した部分の真ん中も、縫います。ゴムを2本通したいのです。
 別に1本でも構わないと思いますが、私は細いゴムを使うことが多いので、 1本ゴムを通すだけじゃ、なんだか見た目が…(勿論、強度も劣ります)

 そして、30cmの長さの方の布は、2枚合わせて輪にします。 縫いしろはジグザグミシンなどで処理をし、(縫いしろは倒すも割るも、ご自由に…)。 裾は、1cmほどの折りしろで三つ折処理をします。 上側は、ギャザーを寄せるためのミシンをかけておきます。

 4cmの長さの布は、輪にしておきます。 縫いしろは、多分そのままで大丈夫だと思います。 この布はどういった使い方をするかというと、バイアステープのような感じで使います。 ハードチュールが絶対に肌に触れないようにするために、 ハードチュールの縫いしろを、この布で覆います。


3.ハードチュールを縫う
 サクサクッと手順を紹介させて頂きます。 少し、3段ティアードスカートに似た作業ですので、詳しい事はそちらを参照ということで。。。 (怠けてごめんなさい。)

 ハードチュールは、2段になります。 15cmの長さの布を、2枚と4枚に分け、それぞれ輪にして、輪を2つ作ります。 言わずもながですが、2枚のが上、4枚のが下になります。
 4枚はぎの方は、裾を三つ折などします。 別にほつれたりはしませんが、切りっぱなしの状態だと、 よくレースなどに引っかかるので、あまり良くないと思いました。 裾にはレースを付けても可愛いと思います。
 そして、4枚はぎの方にギャザーを寄せて、2枚はぎの方と縫い合わせます。

■BACK■← →◆ NEXT ◆
2style.net