ケープ
ケープ

[1] [2]

焦ってしまって、当初裏地つきのケープの作り方を紹介する予定だったのに、急遽裏地無しに…。
裏地を付けたい場合、裏地の製図は表地から前立てを引いたものなので、適当に付けちゃってください☆
私も適当に裏地を付けましたが、何とかそれなりになりましたw(ケープは袖が無い分簡単ですしねv)

0.材料
表布・・・90cm幅200cmくらい…?
接着芯・・・襟と台襟と前立て(左)に貼る分
ボタン・・・5個

1.裁断・裁ち目かがり(ロックミシンorジグザグミシン)
 まず表地の製図を記します。
表地の布の種類ですが、綿ツイル、ベロア、別珍、コーディロイ…等がオススメです。
前身頃は、2枚裁断します。重なる分、後身頃より若干大きいです。
製図に書き忘れてしまいましたが…後身頃は、図の左側を「わ」にして、一枚裁断します。
ちなみに双方、縫いしろを書いてありません。お好みの縫いしろを足して裁断してくださいませ。
次に前立て。2枚裁断しますが、右側と左側では若干形が違います。
まず右側ですが、上と下だけに縫いしろを足して裁断します。幅は5cmのままというわけですね。
次に左側ですが、左・上・下の3辺に縫いしろを足して裁断します。そして接着芯を貼り、右辺にジグザグミシンをかけておきます。。
次に襟(上)と、台襟(下)。各2枚ずつ裁断です。数値をよく覚えていないので曖昧です(汗)
失敗しても責任は負いませんよ(コラ)大きめに裁断して、一旦まち針で合わせて確認したりして、失敗を回避してください。 あと、表地となる襟と台襟には、接着芯を貼ります。

 次にフリル用の布を裁断します。フリル幅はお好みですが、大体3〜5cm。 これに両端の縫いしろ(計2cm)を足して、裁断する布の幅は5〜7cmです。 今回、フリルは各所にて使いますが、幅は全て同じで良いと思います。 付ける場所ですが、裾(一周)、前立て(2本)、襟(一周)です。長さは下記参照。
裾   … 330〜360cm
前立て… 50cm×2本
襟   … 100〜120cm
上の長さは、ギャザーを寄せる前のものです。ギャザーを寄せて、各部の長さに合わせます。

2.表地を縫い合わせる
 図の通りに縫います。何ら特徴の無い普通の作業です。

3.フリルを作る
 片側は三つ折り(三つ巻き)ミシン、もう片側にはギャザー用に上糸を弱くしたミシンを2本、かけます。
あと、重要なことですが、フリルの端は三つ折りミシンをかけた後、斜めに切り落として、その後にギャザー用ミシンをかけます。 もちろん、全ての部分のフリルに共通する作業です。
 襟と前立てのフリルは目分量(?)でギャザーを寄せても大体均等になるかと思いますが、裾の場合は難しいので、 合印を付けてから、ギャザーを寄せると良いと思います。

4.本体を完成させる
 まずは前立てを付けます。最初に簡単な左側の前立てですが、とりあえず前身頃に縫いつけ、ジグザグミシンで布端の処理をしたあと、 折り返してステッチで落ち着かせます。
 ↑すっかり描き忘れましたが、後身頃などくっついているはずです。別に、付ける前にしても良いんですけど…

 次に右側ですが、こちらが上に重なるので、こちら側にフリルを挟みます(2本とも)
まず、前身頃の裏にフリルの裏を合わせて、フリルの表には前立ての表を合わせて、3枚一気に縫います。
表に返して、前立てを1cm折り、そこにもう一本のフリルを挟んで縫います。
 後で縫う縫いしろを開けておかなくてはいけないので、上下1cmにはフリルを付けません(表現が変ですが…

 次に裾のフリルですが、ぐるりと一周フリルをつけます。説明は略です。ワンピースのページあたりに、 確かフリルの付け方を書いたような気がするので、、そちらを参照、ということで…。
フリル関係のことは、まとめて「基本的な小技」にでも書きたいところです。

■BACK■← →■NEXT■
2style.net