ガーター作成



 普通の靴下でも、素敵に変身させることが出来る便利アイテム・ガーター! いくつ持っていても多すぎることは無いでしょう。手作りで量産してみてはいかが?^^


0.材料(両足分)
布(ブロード等薄手のもの)・・・適量
ギャザーレース1(細)・・・45〜50cm×4本
ギャザーレース2(太)・・・45〜50cm×2本
はしごレース・・・45〜50cm×2本
サテンリボン(6mm幅くらい)・・・1メートルくらい


1.レースを合わせる
 上で、簡単にギャザーレース(細)とか(太)と言っていますが、 (細)は2〜3cm、(太)は4〜5cmくらいの幅のものです。 仕上がりのガーターベルトの幅が6〜8cmくらいになるよう、 何か良さそうなレースを使います。でも基本的には好みの問題です。
 まず、薄手の布を3cm×47cm に切ったものを2本(両足分)用意します。
 図のように、1本目のレース(細)を縫い付けます。 反対側にも、同じ要領で2本目のレース(太)を縫い付けます。 すると、大体下の図のような感じになったと思います。 (正確には違います。間違っているのは図です。 実際は上下のレースの幅が同じにはなりません。)
 大分ガーターベルトに近くなったと思いますが…、 レースが2本だけだと寂しいので、もう1本、細いレースを追加することにします。 今度は、レース(太)の上から、適当に縫い付けてしまいます。 勿論、レース(太)と同時に縫い付けても大丈夫なのですが…。
 うわ〜!分かりにくい図!!でも、大体こんな感じになります…。 つまり、先ほどの土台にした布は表からは見えず、裏側になる(足に当たる)ということです。

 次に、レースの端を隠すように、上からはしごレースを縫い付けます。(下図) はしごレースの中にゴム(紐)を通したいので、真ん中ではなく両端を縫います。 因みに私は、はしごレースの手持ちが無かったので、 普通の布に細めのレース(単なる飾り)を縫い付けたもので代用しました。 布の幅は3cmくらいにして、両端を折って1cmくらいにしました。
 ここで、はしごレースの端を縫うときのポイントなのですが、 端のほうを折り曲げて、端から1cmくらいははしごレースを縫わないようにします。 これは、後で輪にするときの縫いしろになります。(下図)


2.輪にする
 先ほど、はしごレースを折り曲げて作った縫いしろのところでレース達を縫い合わせ、 わっかの状態にします。 出来るだけ縫いしろぴったりに縫うと良いのですが…これが何か難しいです。 私は少し隙間があいてしまったのですが…まぁ大丈夫です(何が。)
 ちなみに、隙間が全く無く、はしごレースを縫ってしまうのはNGです。 ゴムとか紐を通す場所が無くなら…ないですね(えぇ?!) はしごレースに空いてる穴から紐を通せば良いじゃないですか!(今更間違いに気づくも訂正する気力無し)
 …私のように、はしごレース以外のもので代用した場合は、 ゴムを通すために、このように縫いしろを作って、隙間を作ると良いと思います。

 そして次に、はしごレースの内側にゴムを通します。 そのままだとはしごレースの穴からゴムがチラリズムするので、 上からサテンリボンを通し、ゴムを隠すようにします。 はしごレースの幅が細い時、ゴムもサテンリボンも通すのはキツイかもしれませんね…。
 ちなみに、ゴムは大体30cm前後だと思いますが、 ご自分の足に合う長さが良いと思います
 ゴムを通すところまでしたもの。ほぼ完成。(上図)


3.仕上げ&完成
 最後に、サテンリボンをちょうど良い大きさのリボン結びにします。 結び目にボンドを塗って、リボンがほどけないようにすると良いです。 ボンドが乾いたら、そのリボンを、ガーターに手縫いで縫い付けます。 すると完成です!

完成図。勿論、両足分あります(笑

 ちなみに、このガーター作成と同じ要領で、少し小さなサイズ(ご自分の手首に合った大きさ)のものを作れば、 袖止め(リストバンドとも言う??)にもなります。 半袖やノースリーブの時の少し寂しい手元を飾ると可愛くて良いですよねvv

■BACK■
2style.net