中2の実体験


ゲイ・ガチムチ 無料画像・動画、出会い特集!
これは俺が中2の頃の実体験です。そのころには自分がゲイだということに気づいていたオレは、同じクラスでサッカー部の博之のことがずっと気になっていた。…いや、好きだった。
ある日お互いの部活が終わった後、教室でしゃべっていたら、博之が急に「ヤベェ…また勃ってきたぜ。 昨日もヌイたのにな…。」「ほら、すげぇ硬くなってんだろ」と博之は机の下から俺の手を取り、自分の股間に当てた。
無邪気な笑顔からは想像もできない大きさと硬さ、そして制服越しでも伝わってくるその熱さに、俺は思わず「おぉ…すげぇ…」と声を漏らした。
「お前は勃つとどれくらいなんだよ」「俺? …別に普通だよ」「お前も勃たせてみろよ」「こんなとこじゃ勃たねぇよ」「じゃあ俺が勃たせてやるよ…」そう言うと博之は、それまで自分の股間に押しつけてた俺の手を放し、同じように机の下から、俺の股間に手を伸ばしてきた。
制服越しとはいえ、博之のアソコを初めて触り、ものすごく興奮していた俺のモノは、ちょっと触っただけでイッてしまいそうなほどに勃っていた。それを知られたくなかった俺は、博之の手首を両手でつかみ抵抗した。
それでも博之の指先は硬くなった俺のチンポに触れて、その瞬間、声が漏れてしまった…。「なんだよ、お前…もう勃ってんじゃねぇか!」「いや、こ…これは…」「すげぇ硬ぇな、オレのを触って興奮したのか?」そう言いながら博之はいつもと同じ笑顔を見せた。博之の指は、俺のチンポの形を確かめるように根元から先まで触ってきた。その時にはもう、抵抗していた俺の両手から力が抜け、初めて感じる何とも言えない快感に、呼吸が荒くなっていた。
自分でヌク時にそうしてるのだろう。博之は手のひらで俺のチンポを強めに握り、親指で裏スジから亀頭あたりをマッサージし始めた。
俺はいつしか自分を抑えられず熱い息を吐き、右手は博之のあの硬いモノをまさぐっていた。博之のチンポもさっきよりずっと硬く、熱く感じ、時々俺の手の中でビクンビクンと大きく脈打つのを感じるたびに、俺は快感の絶頂に近づいていった。
快感に声が漏れ始めた俺に「どうした…気持ちいいのか…?」「ヤバイよ…、 もう…やめろ…、頼む…やめてくれ…、博之…あぁ!」「何言ってんだよ、こんなに硬くしやがって…。…気持ちいいんだろ?」
「はぁ…あぁっ…! 頼む…やめてくれ…」「…じゃあ「気持ちいい」って言えよ…なぁ、ほら…気持ちいいんだろ…? 言えよ「気持ちいい」ってよ…ほら」そう言うと博之の指が、さっきまでより強くなった。
「あぁ! …頼むよ…、もうやめてくれ…」「だったらさっさと言えよ「気持ちいい」って…。もう少しでイキそうなんだろ…? ん…?」「あぁ…、や、めろ…、あぁっ」
俺はそれまで博之のチンポの硬さを感じていた手を離し、俺のチンポを強く握る博之の手を離そうと、博之の手を両手でつかみ抵抗したが、快感に支配された俺のカラダには、博之の手をどける力は残ってなかった。
「ほら…、さっさと言えよ…」あまりの気持ちよさに朦朧とする意識の中で俺はなんとか言った。「あぁ…はぁ…、き…気持ちいい…あぁっ」「あ? よがり声で聞こえねぇよ。 気持ちいいのか?」「はぁっ…き、気持ちいい…、気持ちいいよ…」「よ〜し、……じゃあ…最後までイカせてやるよ!!!!」
さっきまでの無邪気な笑顔が、急に獲物を狙うような鋭い目になった。博之は俺に初めて見せた「男」の顔でそう言うと、その手をより強く、激しく動かし始めた。
「ああっ!! やめろ! 博之っ…頼む…ああっっ!!!」「ほら、気持ちいいんだろ? 思いっきり出したらもっと気持ち良くなれるぜ…ん? どうだ? 気持ちいいか…?」博之は俺のチンポが硬さを増すのに合わせて、どんどんその手の激しさも増していった。「あっ!! やべぇ、イキそう! イクッ!! ああっっっ!!!」
全身の痙攣とともに、博之の手の中で俺のチンポは大きく脈打ち…大量の白い液体を噴き出した。
まだ呼吸が乱れてる俺に博之はまたいつもの笑顔で「気持ちよかったか?」と言った。俺はなぜか急に恥ずかしくなって、博之と目を合わせないまま小さく頷いた。その時、廊下から俺らを呼ぶ友達の声…。
「行こうぜ! 続きはまた今度しような?」そう言って博之は俺にキスをした…。俺は嬉しさを必死で隠しながら少し笑って…頷いた。

ゲイ・ニューハーフ・男の娘(女装娘)・LGBTの為の総合サイト
2style.net