セルライトのつきやすい場所

セルライトのつきやすい場所

セルライトの基礎知識
セルライトは皮膚の表面にあるボコボコしたもので、妊娠線とも呼ばれ思春期以降のほんどの女性にみられる現象です。

 

セルライトの原因は脂肪が急激についたり、胎児の成長などで、リンパの流れが滞ったり、血流が悪くなるなどの血行不良が、皮下組織内で起こることで発生するそうです。
すると、どうしても結果的には体重は増える傾向にあるようです。
しかし、太っていなくても代謝の低下や、血行不良が原因で太ももなどにセルライトが出来る人もたくさんいます。
脂肪とセルライトは同じことと思っている人が多いようですが、実は脂肪ではなく、脂肪細胞の変性下状態の事をセルライトと言うのです。

 

セルライトのつきやすい場所とは?

セルライトの出来やすい部分は、皮下脂肪の多い下半身、たとえば太ももやお尻など、それから、二の腕などの贅肉の付きやすいところです。そしてやはり、体脂肪の多い人もセルライトがつきやすいそうです。

 

なぜかと言いますと・・・・

 

セルライトは脂肪細胞の割合が比較的多い、体の組織内で発達すると言われています。脂肪細胞にレセプターと呼ばれるものがあり、このレセプター(受容体)は脂肪が増えたり減ったりする、中心的な役割を果たしているのだそうです。男の人に比べると女の人は、脂肪細胞の中に、このレセプターが下半身に多く存在するらしいので、特に太ももは太りやすく痩せにくくなるということです。

 

レセプターの中で太ももの脂肪細胞は、放出するものが1に対して貯蔵は6、と圧倒的に貯蔵が多いのです。要するに、脂肪を放出する出口は1つしかないのに、脂肪を貯蔵する入り口は、出口に対して6倍もあるのです。脂肪を蓄える機能の方が圧倒的に強い!
これでは、当然太ももなどは、太りやすく痩せにくいわけですね。

 

太ももなどの下半身にセルライトができやすい理由、分かっていただけましたか?

 

メモリ

メモリ>>ダイエット情報提供NAVI〜様々なダイエットグッズが多数!
セルライトも退治してくれるグッズはもちろん、ダイエットフードやお茶も・・・ 骨盤矯正ガードルは寝ている時もポッコリおなか、お尻、太もも引き締めます。

 

 彩式排毒マッサージ〜自宅で手軽にセルライト除去痩身術
楽しいスポーツをしてみても取る事の出来なかったセルライトを、 自宅での毎日のマッサージやストレッチで消してしまいましょう!


2style.net