オナ電

 

ツーショットダイヤル 大学の先輩が好きで、彼好みのタイプや趣味などいろいろリサーチして、ようやく付き合ってもらいました。最初は嫌われないように付き合っている時も気をつけていました。そのおかげで今では私より彼の方が私にゾッコンです。ただ、残念なのが私は自分から好きになるのはいいけれど相手から私のことを好きになりすぎると束縛も強くなるため私の気持ちが冷めてしまう事でした。彼は私がサークルの合宿で会えなくなると「オナ電して。」と、周りに友達がいるのにオナ電と言ってくるのでそれを断ると「浮気しているんだろう。」と言われ益々気持ちが冷めてきました。 そんなある日、友達が彼氏と一緒にデートをしている姿を見かけました。その男性がすごくカッコよく私は一目惚れをしてしまい私も彼氏と一緒にいるのに思わず友達に声をかけ、時間がお昼の時間だったのでみんなでランチをしました。すると、友達と私の彼氏が意気投合。私も友達の彼氏と意気投合してしまいお互い彼氏を交換したほうがいいのではと私は思ってしまいました。 その後友達からダブルデートをしようと言ってきたのでやりました。その時もお互い彼氏ではない人とたくさん話しました。そして、終わり際にはなら冗談でお互いの彼氏を交換すると言うと期間限定でやってみたいと言ってやることにしました。一応、キスエッチはなしという話になりました。なのでデートするときは手を繋ぐのはいいよという感じになりました。 その後、私はその男性とのデートが楽しすぎて一線を超えてしまいました。願わくば友達も彼と一線超えて欲しいなと願っています。 チャットオナニー オナ指示

 

 

 

2style.net