処女狩り

 

やらみそ女子 処女狩り・・・すなわちバージンハンターと俺は俺のことをそう呼ぶ。処女を狩ることは男のロマンである。その女は俺が初めての男になるからだ。そして、俺は初めての女の初めての男になることに使命さえも感じている。バージンハンター・・・すなわち処女狩りだ。 当たり前の話ではあるが、女は皆処女から始まる。しかし、年齢を重ねるにつれてその割合は減っていく。狩られているためだ。もちろん、男が皆、バージンハンターを目指しているわけではない。たまたま寝た女が処女であると言うラッキーケースもあるだろう。男も知らないような清純に見える女性が非処女だったと言うケースもありがちだ。ある程度、年齢を重ねると処女は全員処女状態から絶滅危惧種状態へとなっていく。 そうなると、焦ってくるのは女性の方である。男性に縁がなかった女性も多いだろう。それまで機会もなく処女のまま大人になった女性もいる。そして、彼女たちは総じて焦り始めている。「処女=恥ずかしい」という概念が生まれているからだ。バージンハンターはそんな女を狙い撃ちするのだ。 そうは言っても、ぱっと見でヘドロ怪獣ザザーンやタコ怪獣タッコングみたいな女は処女だろう。だが、処女狩りしたい女かどうかはまた別の話だ。美女な処女しかバージンハンターとしては価値がない。その美貌でその年齢まで処女であると言うことはおそらくワケアリで、男性に対して恐怖心があるとか、セックスという行為そのものを恐れているとかそう言うところである。そんな処女をバージンハンターは優しく解きほぐして処女を解放させるのだ。 バージンハンターとは何もひたすら処女を狩るだけの行為ではない。女性に自由と開放を与える聖なる仕事なのだ。そう考えると、いかに俺がバージンハンターに使命感を覚えているか理解してもらえると思う。俺は自分のためではなく、女性のためにバージンハンターの道を選んだのだ。 そんな女性との出会いを得るために、俺はマッチングアプリで今日も処女を探す・・・同時に童貞狩りしてくれる女性を探すことにも余念がないのだ。 宿泊先募集 神待ちサイト

 

 

 

2style.net