援交からセフレに

 

割り切り  ネットには、エッチな女の子や不満な女の子がいるから、ネトナンすることでセフレは簡単に作れると思われがちです。 半分当たっているけど、半分は外れています。 確かにエッチな女の子や不満な女の子は、この世界には多数存在しています。 これは紛れもない事実です。 知り合うことに成功すれば、タダマンのセフレにすることは可能でしょう。 しかし、意外にもそれなりのハードルを越える必要があるのがセフレ関係だったりします。 ビギナーが考えるほど、セフレ関係は簡単に構築することが出来ないものです。  自分も、当初はセフレなんて簡単だなんて思っていました。 人気の出会い系アプリを使うことで、大した時間も必要ないと思いました。 ところがそういう展開にはならず。 なかなか体の関係を結ぶことが出来ず、ムラムラしてしまって。 しかた無しに援交相手を探して一発やったのですが、これは本当に早かった。 ここで気が付きました。 援交からセフレにすれば楽なんじゃないかって。 何回か援交関係を結び、その間、相手に良い印象を与えていく。 また快楽も沢山与えていく。 そうすることで、援交からセフレに昇格するのではないか? すぐに、実践に移すことにしました。  その相手は、21歳女子大生でした。 不景気な世の中ですから、ホ別苺で待ち合わせに応じてくれました。 見た目もスタイルも、なかなかの女の子。 セックス相手として最適で、かなり奮闘してしまいました。 とにかく快楽を与えていく。 回数もこなしていく。 スッキリさっぱりしてお別れする前に、また会って欲しいとお願いしてみました。  二度ほど、援交という形でセックスをして、また食事などもご馳走してみたところ、3度目の待ち合わせもありました。 この時は支払い無しの関係でした。 性的な快楽が良かったのか、安心感を与えてあげられたのが良かったのか、援交からセフレになれたのです。  この経験をきっかけとして、まずは援交をするようにしています。 百発百中とはいきませんが、それでもそれなりの確率でセフレ化に成功しています。 貢いでもらう シングルマザーの貯金

 

 

 

2style.net